PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

たくみにしかわ バターラスク

コンビニ対抗!値段が高いパンは美味しいのか?コンビニの一番高いパンを食べ比べてみた

DATE
2016.3.18

はじめまして。Pantastic! 編集部の中山です。
突然ですがみなさんは、人間が一生でどれだけ食事をするか考えたことがありますか?

毎日三食で八十年生きたとしたら、約87,600食となるそうです。
要するに、数はどうあれ、食事の回数は有限ということ。
そうだとすれば、せっかくの食事は美味しいものを食べたいと思いますよね。

「美味しい」という味の指標は人それぞれですが、単純に考えるのであれば、やはり“値段”に注目を置くべきなのでは? と私は考えます。

ということで!

今回は全国各地で何処でも行くことのできるコンビニで、一番美味しいであろう最も高価なパンを食べ比べてみたいと思います!

食べ比べるのは、ファミリーマート、セブンイレブン、ローソンの3店舗。
また、日によりパンの品揃えが変わるため、現在時点(2016/3/17のお昼)でと付け加えさせていただきます。

それでは参りましょう!

ファミリマート代表

一つ目はファミリーマートから「あらびきソーセージフランス(税込み168円)」。

写真の光はご愛嬌。

写真の光はご愛嬌。

見た目はパイのようです。
マスタードが入っているので、イメージとしてはフランスパンで作ったホットドックといった感じでしょうか…。

包丁で切ったところ、フランスパンのわりにはフニャっとしており、思ったよりも柔らかめのフランスパン。
この柔らかいパイのような構造のおかげで、中のソーセージまでしっかりと火が入り、ジューシーな味わいになるのですね。

IMG_4116

また、中のソーセージが小さいのでは? と勝手に想像をしていましたが、その疑いは思い過ごしだったようです。これならボリューム重視の人でも納得することでしょう。

セブンイレブン代表

二つ目はセブンイレブンから「熟成生地のソーセージフランス(税込み180円)」を紹介します。

またフランスパンかよ!って言わないで。

またフランスパンかよ!って言わないで。

店舗に並んでいた他のパンと比べると、このパンだけ別の袋でした。
このことだけで、こだわりが見てとれますね!

そしてみなさんもお気付きかと思いますが、先ほど紹介した、ファミリマートのパンとそっくりなんです。
フランスパンとソーセージって、合わせるとお金がかかるものなんですね…

中を開けてみると、ファミリーマートのものと比べて穴が大きく作られています。
またマスタードに焦げ目がついていることから、ソーセージに熱がしっかり入ってることがわかりますね。本格的!

IMG_4126

先ほどのものに比べ、まさにフランスパンといった感じ。
かじったときのザクッとした感触が、そのことをとても実感させてくれます。

気になるお味も、マスタードの香りが鼻を抜けていき、パキッとなるソーセージのジューシーさが合わさって口へ広がります。
さすが値段が高いだけありますね。

ローソン代表

最後はローソンから「スパイス広がるカレーパン(税込み180円)」。

袋を開けただけで、カレーの匂いがプンプンします。

袋を開けただけで、カレーの匂いがプンプンします。

ローソンが本気を出して作る、「本気で美味しいベーカリー」シリーズ。
紙の包みからそのこだわりが伝わってきます…!

IMG_4009

中にはギッシリのルーが入っており、なんと一口かじるだけでルーへと到達しました。

今まで私が食べてきたコンビニのカレーパンは、まず、ルーへ到達するまでに二回、三回と食べ進める必要がありました。
が! これは全く別物。この時点で、他のカレーパンとは一線を隔していると言えます。

そして商品名にもある通り、食べるほどにスパイスの香りが口へ広がりました。
ピリリとした辛さもあり、辛い食べ物が苦手な方だとけっこう刺激が強く感じられるかもしれません。

写真からも伝わると思いますが、温めてもいないのに衣はカリカリで、触感も申し分なかったです。
これは、工場へ行って揚げたてを食べてみたいですね。

このパンにつきましては、以前の記事でも紹介していますので、そちらもぜひご覧ください。

“高い”は美味しい?

さて、各店舗の最も高いパンをこうして比べてきたわけですが、気づいた点が二つあります。

一つは、やはり値段が高い分だけその「こだわり」が見えたということ。
ただ具を挟んだパンとは異なり、そのパンならではの工夫が垣間見れるのです。

もう一つは、「香り」です。
ソーセージフランスパンはマスタード、カレーパンはスパイスの香りがとても強く感じられました。
口に含んだパンの味を広げる香り。これは美味しいパンにとって重要なことなのですね。

以上の結果、コンビニパンで高価なものにはその分だけのこだわりが見え、どれを食べてもハズレとは言えませんでした!
コンビニパンは払った分だけの私たちを楽しませてくれる。これもまた、パンの魅力なのかもしれません。
みなさんもコンビニパンを手にする機会があれば、一度視点を変えて食べてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

Profile image
デザイナーでありライターであり営業マン。そんな、ハイパーなクリエイターを目指しています。
See more info

この記事が気に入ったら
いいねしよう!

人気記事