PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

たくみにしかわ バターラスク

京都の老舗卵焼き屋が作る、黄身餡ぱんを知っていますか? だし巻卵専門店「三木鶏卵」の黄身餡ぱん

DATE
2016.1.23
ラスク専用のフランスパンで作る「たくみにしかわ」の最高級バターラスク【PR】

今回は京都・錦市場にお店を構える、だし巻卵専門店「三木鶏卵」の黄身餡ぱんをご紹介。

スクリーンショット 0028-01-23 19.04.43

「ん? 卵焼き屋さんなのに、なぜパンなの?」とお思いだと思います。
実はこちらの餡ぱん、黄身餡ぱんの名前通り、中に入っている餡が卵の黄身を使って作る「黄身餡」なのです。
実際に食べてみないと想像できない味。
そんな「黄身餡ぱん」を、早速注文してみました。

箱に入って送られてきました。

箱に入って送られてきました。

注文してから2〜3日ほどで届きました。
冷凍ではなく、常温で送られて到着するため、到着したらすぐに食べたほうが良さそうです。

特に夏は注意しましょう!

特に夏は注意しましょう!

「卵のおいしさをもっと伝えたい!」と言う店主の思いから誕生したという黄味餡ぱん。
早速食べてみましょう!

小ぶりなフォルムが、とってもキュート。

小ぶりなフォルムが、とってもキュート。

と、その前に、、
本当に黄色いのか、中身の餡を確かめてみましょう。ナイフで半分にしていきます。

こんな餡ぱん、はじめてです。

こんな餡ぱん、はじめてです。

よかった、黄色です!(当たり前ですね)
この黄味餡の卵ですが、3種類の卵黄をブレンドし仕上げているそう。そのため、これほどまでの鮮やかな黄色になっているのです。

肝心の餡の味ですが、白餡をベースに作られていることもあり、甘さは控えめのさっぱりとした味わいです。
ただ、噛みしめると卵黄独特の風味が口の中に広がり、卵焼き専門店ならではの“卵”の味を感じることができました。とっても美味しいです。

珍しいこともあって、お土産に喜ばれそうですね。

珍しいこともあって、お土産に喜ばれそうですね。

とんかつ屋さんに行ったら、絶品のポテトサラダが出てきたときの感覚に似ています。(この例え、わかりますでしょうか?)
大変ごちそうさまでございました。

老舗が手がける、独創的な今回のパン。
今回のように、日本中にはまだまだ見たことものないパンがたくさん眠っているはずです。皆さんも探してみてはどうでしょうか。
次回のお取り寄せパン紹介もお楽しみに!

焼いても美味しいのです。まさに卵焼き?

焼いても美味しいのです。まさに卵焼き?

《Infomation》
だし巻卵専門店 三木鶏卵

この記事を書いた人

Profile image
今年はパンを毎日食べることを目標としています。
See more info
PANPAKからのお知らせ
≫PANPAKオリジナルTシャツつくりました≪
≫Instagramでは、コンビニパン図鑑、アレンジパン図鑑連載中≪
≫Twitterでも日々パン情報発信中≪
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事

Sponsor