PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

たくみにしかわ バターラスク

今年中にもう一度お取り寄せしたい!2016年を代表する食パンたち

DATE
2016.12.22

パンと言ったら最初に食パンを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか? Pantastic! でも数々の食パンをお取り寄せしてきました。色んな食べ方ができる食パンですが、あなたは、そのまま食べるのが好きですか? それともアレンジして食べたいですか? 全国各地の食パンをお取り寄せして、食パンをもっと好きになりませんか♪

 

これぞ食パン!こだわりの王道食パン3選

食パン専門店乃が美の「生食パン」

「『生』でそのまま食べるのが一番おいしい」という乃が美の食パンは、卵は一切使わずに最高級の小麦粉を使うなど、究極的に素材へこだわっています。白くてしっとりもちもちの生地と違い、耳の部分は、かすかにキャラメルのような香ばしさが感じられるのだとか。「耳の方が好き」というファンもいるのだそうです……!

「日本のおいしい食パン10選にも選ばれた! 乃が美の「生」食パン【お取り寄せ】」

 

ペリカンの「食パン」

ペリカンの食パンは、毎日食べても飽きのこない王道の食パン。良い意味で主張がなく素朴な味わいに、どこか懐かしさを感じてしまいます。ジャムを塗ってみたり、チーズをのせてトーストしてみたり、様々なアレンジをしながら、毎日食べ続けたい一品です。

「メニューは2種類!? 素朴な味わいが懐かしい、東京・浅草にある老舗「ペリカン」の食パン【お取り寄せ】」

 

ラ・フーガスの食パン「パン・ド・プルミエール」

「パン・ド・プルミエール」と呼ばれるラ・フーガスの食パンには、山型と角型があります。お取り寄せしたのはサクサクとした食感の山型のパン。ちなみに、角型はきめ細かいしっとりとした食感なんだとか。両方取り寄せて食べ比べてみるのも良さそうですね!

「シンプルな幸せを提供するパン♪自然豊かな東京都あきる野市のラ・フーガス【お取り寄せ】」

 

変わり種!? の食パン3選

成田ゆめ牧場の「過激な牛乳食パン」

「過激な」というネーミングが目を引く「過激な牛乳食パン」。「過激な牛乳食パン」は水を使わず、牧場牛乳のみで焼き上げられているそうです。ミルクのやさしい風味だけでなく、素材に対するこだわりを過激なまでに感じられる食パンです。

「素材も味も過激!成田ゆめ牧場の過激な牛乳食パンって?【お取り寄せ】」

 

クピド!の「パン・ド・ミ」

クピド!のの「パン・ド・ミ」は、シルクのようなきめ細かい食感の食パン。焼かないとふかふかとした柔らかな食感とパンの甘い香りが漂い、甘さ控えめのジャムとの相性がバツグンなのです。焼いたパンにバターを塗るとデニッシュのような印象に変化するので、「1斤で2度美味しい」を実感してみてはいかがでしょうか。

「パン・ド・ミはシルクのような魔法の食感☆世田谷区のクピド!【お取り寄せ】」

 

おひさまパン工房の「ハードトースト島パン」

フランスパンを型に詰めて焼いたようなおひさまパン工房の「ハードトースト島パン」。そのため、バケットのように外側がカリっとしていて、内側はもちっとしているのだとか。天然酵母を使っているので一般的な白い食パンと違って、ほんのり薄いグレーがかったブラウンの生地。かすかな酸味がやさしく香る「ハードトースト島パン」を試してみてはいかがでしょうか?

「瀬戸内産の素材たっぷり!「おひさまパン工房」の瀬戸内ジュエリーとハードトースト島パン【お取り寄せ】」

 

みんなが家にいる年末年始だからこそたくさん食べたい!セットで届く食パン2選

麻布十番モンタボーの「吟屋久島『極』セット」

世界遺産である屋久島の水「縄文水」を使用し、社内で厳しい選定を受けた「吟マイスター」と呼ばれる職人しか作ることのできないこだわりの看板商品が入ったパンのセットです。今の時期なら帰省の際の手土産や、新年のご挨拶に持参しても良さそうですね。

「お中元にピッタリ! 麻布十番モンタボー「吟屋久島『極』セット【お取り寄せ】」

 

ポンパドウルの「ポンパドウルBest5」

名前の通りポンパドウルの人気商品Best5が入った詰め合わせ! 角型の男爵、山型のフランスパンのようなパン・ドゥ・ミーなど、トーストしたり、サンドイッチにしたりして食べてもおいしそうな食パンが詰まっています。毎日食べられるパンの詰め合わせで、心ゆくまでパンを堪能してみませんか?

「こだわりの生地が飽きさせない! 懐かしさと新鮮さをあわせもつパン【お取り寄せ】」

 

おやつに食べたい!あまーい食パン4選

ボロニヤの「元祖デニッシュ食パン」

デニッシュ食パンというと最近はよく見かけますが、実はボロニヤが元祖なのだそうです。ボロニヤの「元祖デニッシュ食パン」は、贈り物にしても人気が高いのだとか。手土産を持っていく機会の多い時期にもってこいのパンです。いつでもおいしい、贅沢な味わいを楽しんでみませんか?

「究極の食パン!? 京都祇園ボロニヤの「元祖デニッシュ食パン」【お取り寄せ】」

 

アンデルセンの「パンダ食パン」

金太郎飴のようにどこを切っても、パンダの愛らしい顔が出てくる「パンダ食パン」。ご家族が集まる年末年始、お子さんと楽しい時間を過ごすのにぴったりのパンなのではないでしょうか? Instagramなどでも「かわいい〜」の声をたくさん集めそうな食パンですね。

「ほんのり甘くふんわり触感の可愛いすぎる「パンダ食パン」【お取り寄せ】」

 

レトワブールの「おいしい食パン」

コクのあるバターの香りが漂い、側面が柔らかくしっとりしているので、デニッシュパンに近い印象の食パンです。「おいしい食パン」そのものの存在感が強いからこそ、バターとコーヒーなどシンプルな組み合わせてでいただきたい一品です。

「厳選素材と技で満たされた姫路の高級食パン専門店・レトワブールの「おいしい食パン」【お取り寄せ】」

 

パン工房オラットの「ラウンド食パン(メープル)」

IMG_7603

食パンというと四角い形が一般的ですが、こちらの食パンは丸太のような見た目です。輪切りにすると、年輪のようにメープルが練りこまれていることがわかります。忙しい朝食にも、小腹が空いた時に食べるのにも良さそうな「ラウンド食パン」。家に常備しておきたいですね。

「ふわっと香るメープルの香り! パン工房オラットの「ラウンド食パン(メープル)」【お取り寄せ】」

 

もっと食パンを好きになりませんか?

気がついたら食卓にある食パン。なんとなくいつもの味が決まってるかもしれませんが、年末年始は特別な食パンをお取り寄せして、新しい味わいのパンに出会ってみてはいかがでしょうか?

PANPAKからのお知らせ
≫パン事業者の皆様の情報発信を支援する「パンの広報室」始めました≪
≫Instagramでは、コンビニパン図鑑、アレンジパン図鑑連載中≪
≫Twitterでも日々パン情報発信中≪
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事