PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

【東京・池尻大橋】9月1日~「ポテドーナッツ」販売開始!ブーランジェリー ラ・テール|片山智香子@旅するパンマニア

PANPAKからのお知らせ
 YouTubeチャンネル「PANPAK Cafe」始めました
#助け合いベーカリー パンを買ってパン屋さんを応援

パンマニア・片山智香子の「旅するパンマニア」2020年9月掲載記事からの転載です。< 元記事はこちら >

旅するパンマニア(弾丸パントラベラー)片山智香子です。

1998年、今から22年前にラ・テール洋菓子としてスタートしたラ・テール。9月1日~北海道産のじゃがいも「インカのめざめ」を使用したドーナッツが販売されるということでプレス発表会に先週行ってきました。

生地には北海道産のじゃがいもである「インカのめざめ」北海道産の小麦粉「キタノカオリ」、北海道産ジャージー牛乳、北海道産ハチミツ、北海道産甜菜糖など、出来る限り北海道産素材にこだわっているそう。ベースとなるドーナッツは「プレーン」「ひよこ豆のカレー」「あんドーナッツ」「チーズケーキ」「北海道いちご」「キャラメルチョコ」の5つで、残り1つは季節限定ものを更新していくそう。今回一発目は「北海道りんご」

キャラメルチョコ
個人的に一番気に入ったのはコチラ↑
ブロンドチョコレートを包みさらにブロンドチョコレートとミルクチョコレートでコーティングされているキャラメルチョコ。チョコxチョコなので甘くなりすぎてしまうところ、キャラメルのちょっとした苦味もあり、大人スイーツって感じで気に入りました。

ひよこ豆のカレー
総菜部門としてはコレ!
ひよこ豆入りのカレードーナッツで、野菜と牛肉をじっくりコトコト煮込みドーナッツで包みこんでいます。上にかかっているのはコーンフレーク。ちなみに生地自体が茶色いのはインカのめざめ、フレーク状で仕入れているそうですが、めちゃくちゃ黄色いということと、甜菜糖の色から生地は茶色になるそうです。

今年でラテール10年目の後藤シェフ。名古屋出身で、素材にこだわりリーズナブルな価格のものを商品開発するのが得意なのだそう。
今回、「ポテドーナッツ」を開発する際に苦労した点は「ヒキが出すぎてしまうところ」そこを何度も試作し、インカのかおりの割合などを微調整を繰り返したようです。購入した直後だけでなく、家に帰ってからもふわっとやわらかい食感の持続の為にはじゃがいものでんぷんが必要。

チーズケーキ
そんなシェフが気に入っているがコチラ↑
レモンピールのきいたクリームチーズを包み、チーズケーキをイメージして作ったチーズケーキ。上にかかっているのはホワイトチョコとマスカルポーネ。実はこれが一番苦労したのだそう。そんな子ほど可愛いのですね(笑)

これらのドーナッツは本店だけでなく、二子玉川東急フードショー、アトレ吉祥寺、エキュートサウス品川、京葉ストリート、コレド室町テラス店などでも販売しているそうです。

===

< 元記事を読む >

この記事を書いた人

片山智香子@旅するパンマニア Twitter: @katayamachikako
1万個以上のパンを食べ歩いたパンマニア・片山智香子が国内・海外のパンを求めて旅をする!【国内】都内近郊、北海道、名古屋、京都、大阪、愛媛、福岡、沖縄【海外】台湾、ベトナム、ハワイ、シンガポール、オーストラリア。バインミーマニアとしても活動中!
メディア出演など実績はこちら⇒ https://panyameguri.jimdo.com/

PANPAKからのお知らせ
 YouTubeチャンネル「PANPAK Cafe」始めました
#助け合いベーカリー パンを買ってパン屋さんを応援
30日無料で読み放題「Kindle Unlimited」でおススメのパンの本・雑誌(10選)
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事