PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

【京浜急行パンの旅⑲】弘明寺:よもぱん|片山智香子@旅するパンマニア

PANPAKからのお知らせ
 YouTubeチャンネル「PANPAK Cafe」始めました
#助け合いベーカリー パンを買ってパン屋さんを応援

パンマニア・片山智香子の「旅するパンマニア」2020年7月掲載記事からの転載です。< 元記事はこちら >

旅するパンマニア(弾丸パントラベラー)片山智香子です。

2020年2月24日(新月)より、我が愛する京浜急行沿線のパン屋さんを紹介していく「京浜急行パンの旅」をスタート!毎週月曜日に更新予定!

===

新型コロナウィルス感染症拡大を防ぐため、外出の判断については国、および自治体の方針に沿ってご自身で判断し行ってくださいね。

===

京急・弘明寺駅の改札をでたら左に降ります。もちろん、右に降りても良いのだけれど、そうすると、また踏切を渡らないといけないので、とりあえず左ね。

目の前の道を直進していると角に交番があるので、そしたら左折。

(実は行きはグーグル先生に導かれるまま違うルートで行ったら、めちゃくちゃ坂を上らされたので(笑)、帰りに使ったこちらのルートをお伝えしますね)

この時に道路の反対側に渡ってしまっても良いし、この後も渡るチャンスはあるのでどちらでもよく、AOKIが見えてきたら、この左の道を進みます。後はざっくりとだけれど道なりに歩いて行きます。駅から10分くらい。

閑静な住宅街の中に、よもぱんはあります。自転車が駐輪しているところからも分かるようにご近所の方が多い印象。子連れの方もいらっしゃいましたよ。実はこちらのお店、パン屋さんめぐりの会の方にオススメして頂きずっと気になっておりました。

パンのラインナップも食パンなどはもちろん、食事系、菓子パン系が充実していて、その中でも一番人気は店名にもなっている、よもぱん

デニッシュ食パンのような見た目と断面の層。ただ、このパンの最大の特徴はクラムにじゅわりと染み込んだ甘さ。特にPOPなどには書かれていなかったので想像なのだけれど、シロップなどが、たっぷり染み込んであると思われます。これがめちゃくちゃ美味しいの!もちろん、購入してすぐに公園で外パンしても美味しかったし、リトーストしてもクラストがカリッとして食感に変化がでて良かった。そして、冷やしても美味しいですよ!というアドバイスのもと、ちょっと冷蔵庫で冷やしてみたら、これまたデザートな感じになり美味しい!!

シェフは奥でもくもくとパン作りをされていて、接客の奥様はめちゃくちゃ元気でこちらまで嬉しくなってしまくらい。どなたかが魔女の宅急便みたいでしょ?とおっしゃっていましたが、まさに!!(笑)

よもぱん
住所:神奈川県横浜市南区永田南2-12-3
電話番号:045-872-8710
営業時間:9:00~19:00
定休日:火曜日・水曜日
最寄り京浜急行駅:弘明寺

===

< 元記事を読む >

この記事を書いた人

片山智香子@旅するパンマニア Twitter: @katayamachikako
1万個以上のパンを食べ歩いたパンマニア・片山智香子が国内・海外のパンを求めて旅をする!【国内】都内近郊、北海道、名古屋、京都、大阪、愛媛、福岡、沖縄【海外】台湾、ベトナム、ハワイ、シンガポール、オーストラリア。バインミーマニアとしても活動中!
メディア出演など実績はこちら⇒ https://panyameguri.jimdo.com/

PANPAKからのお知らせ
 YouTubeチャンネル「PANPAK Cafe」始めました
#助け合いベーカリー パンを買ってパン屋さんを応援
30日無料で読み放題「Kindle Unlimited」でおススメのパンの本・雑誌(10選)
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事