PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

【京浜急行パンの旅⑬】京急東神奈川:白楽ベーグル|片山智香子@旅するパンマニア

PANPAKからのお知らせ
 誕生まで半年「パン好きの牛乳仕込み 冷凍生食パン」いよいよ発売【PR】
#助け合いベーカリー パンを買ってパン屋さんを応援

パンマニア・片山智香子の「旅するパンマニア」2020年6月掲載記事からの転載です。< 元記事はこちら >

旅するパンマニア(弾丸パントラベラー)片山智香子です。

2020年2月24日(新月)より、我が愛する京浜急行沿線のパン屋さんを紹介していく「京浜急行パンの旅」をスタート!毎週月曜日に更新予定!

===

新型コロナウィルス感染症拡大を防ぐため、外出の判断については国、および自治体の方針に沿ってご自身で判断し行ってくださいね。

===

緊急事態宣言中は東神奈川まではママチャリで行っていたので、こちらで下車するの3ヵ月ぶり(笑)横浜方面に下り電車の場合はそのまま改札でるとJRの東神奈川駅が見えてきます。

中を通り西口を出たら目の前の大きな通り国道12号線をひたすら真っすぐ行き、途中六角橋付近で(詳しくはGoogle mapをチェック!)左折、20分も歩いたら到着です。

大きな通りから一本奥にはいっているのでお店の周りは静かな雰囲気。入口からして雰囲気あり期待膨らみます

入って左側にベーグルが種類ごと、トレーに並べられています。初めて来たのでいつもはどうなのか分かりませんが、新型コロナ感染症対策なのか一つづつ個包装されていましたよ。どうやらパン友さんのお話しによると早めに行かないと売り切れてしまうこともあるようですが、私がいった10時30分(オープンは10時~)頃は10種類くらいのベーグルがありました。

オススメをお聞きしたところ、季節限定ものがよく出ますよ!ということだったので、「新じゃが」とロイヤルミルクティをイートインで頂きました。雰囲気のあるランプ、壁をそうようにカウンター席、奥には2人掛けのテーブル席もありました。特にソーシャルディスタンスの貼り紙はない&それほどイートインしている人は多くなかったですが、お互いにちゃんと距離とりあい自分の時間を楽しめました。

木枠のちょっとレトロな感じの窓際のカウンターにて。リング型ではないベーグルです。もっちり!むっちり!皮部分がバリっとしていて塩味も感じます。生地自体の甘味もあり、小さなキューブにカットされたジャガイモの食感と味わいも美味しい。

そそ、入って正面、レジの下にはスイーツもありました。
店内では読書をしている方もいて(たまたま読んでいる本見えちゃったら、それ、私も持っている本でした。あやうく、「私もそれ持ってます!」と言いそうになり。怪しいからやめましたけど(笑))ここだけ、のんびり時間が流れているようでいた。またのんびり伺いたいと思ってます。

白楽ベーグル
住所:神奈川県横浜市神奈川区六角橋3-3-15
電話番号:045-628-9771
営業時間:10時~19時
定休日:月曜日・火曜日
最寄り京浜急行駅:京急東神奈川

===

< 元記事を読む >

この記事を書いた人

片山智香子@旅するパンマニア Twitter: @katayamachikako
1万個以上のパンを食べ歩いたパンマニア・片山智香子が国内・海外のパンを求めて旅をする!【国内】都内近郊、北海道、名古屋、京都、大阪、愛媛、福岡、沖縄【海外】台湾、ベトナム、ハワイ、シンガポール、オーストラリア。バインミーマニアとしても活動中!
メディア出演など実績はこちら⇒ https://panyameguri.jimdo.com/

PANPAKからのお知らせ
 誕生まで半年「パン好きの牛乳仕込み 冷凍生食パン」いよいよ発売【PR】
#助け合いベーカリー パンを買ってパン屋さんを応援
30日無料で読み放題「Kindle Unlimited」でおススメのパンの本・雑誌(10選)
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事