PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

【小田原】あんこたっぷり!昔から地元の人に愛されているパン屋 守谷パン|片山智香子@旅するパンマニア

PANPAKからのお知らせ
 YouTubeチャンネル「PANPAK Cafe」始めました
#助け合いベーカリー パンを買ってパン屋さんを応援

パンマニア・片山智香子の「旅するパンマニア」2020年6月掲載記事からの転載です。< 元記事はこちら >

旅するパンマニア(弾丸パントラベラー)片山智香子です。

JR東海道線の小田原駅を東口に出るとバスやタクシー乗り場などのターミナルがあるので、向かって左の道。駅をでて3分くらい歩いたところに守谷のパンはあります。ちなみに駅をでて右側をみると小田原城が見えます。(初めて小田原に降りたので、小田原城思ってたより駅の近くにあるのだなという印象(笑))

昔から地元の方に愛されてきたという守谷のパン。私が運営するパン屋さんめぐりの会@FBやインスタのコメントにも「あぁ!懐かしい!」という声が続々と。そちらの情報によると、昔はこのような店構えではなく、もっと昭和感漂う感じだったようです。

お品書きは向かって正面上部に手書きで書かれており、パンは購入したいパンを言ってスタッフの方がカウンターから取ってくれるスタイル。甘食なんかも人気あるようなのですが、初めてだったということもあり一番人気の「あんぱん(160円)」を購入しました。

ほんのり甘い生地に粒あんがこれでもかっ!ってくらいにたっぷり。餡子が甘すぎないのでしつこくなくペロリといけます。味わいもお店の雰囲気も小田原の人のソウルフード的な存在なのかなと感じました。

守谷製パン店
住所:神奈川県小田原市栄町2-2-2
電話番号:0465-24-1147
営業時間:8:00~18:00
定休日:日曜日・第1・3月曜日

===

< 元記事を読む >

この記事を書いた人

片山智香子@旅するパンマニア Twitter: @katayamachikako
1万個以上のパンを食べ歩いたパンマニア・片山智香子が国内・海外のパンを求めて旅をする!【国内】都内近郊、北海道、名古屋、京都、大阪、愛媛、福岡、沖縄【海外】台湾、ベトナム、ハワイ、シンガポール、オーストラリア。バインミーマニアとしても活動中!
メディア出演など実績はこちら⇒ https://panyameguri.jimdo.com/

PANPAKからのお知らせ
 YouTubeチャンネル「PANPAK Cafe」始めました
#助け合いベーカリー パンを買ってパン屋さんを応援
30日無料で読み放題「Kindle Unlimited」でおススメのパンの本・雑誌(10選)
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事