PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

お店の世界観が詰まったお取り寄せ 沖縄「パン屋 水円」のおまかせパンセット【お取り寄せ】

DATE
2020.5.21
PANPAKからのお知らせ
 YouTubeチャンネル「PANPAK Cafe」始めました
#助け合いベーカリー パンを買ってパン屋さんを応援

今回のお取り寄せは沖縄から。沖縄の読谷にある「パン屋 水円」、シンプルだけど味わい深いパンが魅力的なお店です。沖縄の素材から作った酵母を使用した天然酵母のパンには、沖縄の空気感がぎゅっと閉じ込められています。沖縄にいなくても、自宅で沖縄を感じられるなんてとても贅沢な体験です。さっそく、お取り寄せしてみました。

お取り寄せするには?

公式Instagramにて、お取り寄せの募集がかかります。

募集がかかったタイミングで、メールで応募をし完了。返信が来ますので、あとはパンが到着するのを待つのみです。支払いはパン到着後、指定の口座への振り込み。この日は2,000円と3,000円のおまかせパンセットの募集がありました。

通販の募集はこのInstagramからなのですが、このお店のInstagramの雰囲気がとても素敵!画面を見ているだけでお店の雰囲気を感じられます。

それでは、お取り寄せした2,000円のパンセットを紹介していきます。

到着したのはこちら!

段ボール箱を開けてまず目に飛び込んできたのはパンではありませんでした。ノスタルジックな雰囲気漂うポストカードが1枚、裏にはシェフからのコメントが手書きで添えられていました。一気にお店の世界観に引き込まれたのは言うまでもありません。

そっと、ポストカードの下を覗くと・・。

パンとお店のリーフレットが入っていました。

入っていたパンは全部で8個。

左上から順に「プレーン食パン」「黒糖チーズ」「伊平屋島の黒糖パン」「全粒粉のバケット」「ラムレーズンくるみ」「ブラックオリーブのパン」「シナモンロール」「カレンズとサルタナレーズンくるみ ライ麦」。ロバのイラストが可愛いですね。

プレーン食パン


断面から漂うのは酵母の酸味。耳はしっとり、クラムと一体化していて、全体的にどっしりとした重さを感じます。クラムは層が1枚1枚重なり合っているような食感で、間に空気感を感じるほど。重さがあるにもかかわらず空気感を感じる不思議さがあります。口に入れると広がる酸味は主張感強し!温めると耳はぱりっとし、全く違った食感に変身。そして、酸味よりも優しい甘さが顔を出します。

黒糖チーズ


ずっしりとした、黒糖の甘さがほのかに香るパン。その中にがつん!とチーズの香りが広がります。チーズは厚みがあるので存在感抜群。黒糖の甘さ、酸味、そしてチーズの塩味がバランス良く、癖になる風味です。そして、温めるとチーズがぷるん!とした食感に変わりました。チーズはマイルドになり、これが酸味とより一層馴染んでいきます。そのままでも、温めても、どちらで食べても深い味わいが楽しめます。

伊平屋島の黒糖パン


ずっしりとした口当たり。酸味が広がったかと思えば、後から、そして口の奥の方から、黒糖の落ち着いた甘さがじわりじゅわりと現れます。食べ終わった後も、口の中に黒糖の存在感がしっかり残るから不思議です。

全粒粉バケット


口に入れると最初に感じるのは小麦の甘さ。噛み締めるごとに、徐々に酸味が増していきます。酸味はしっかり感じますが、鼻への刺激はなく、口の中で爽やかに広がっていきます。小麦の優しい甘さを潰さない、酵母の酸味が特徴的です。

ラムレーズンくるみ


口に入れて驚いたのは、想像以上のラムの香り!パンに入っているラムレーズンはラムをほとんど感じないものも多いですが、このパンはラム好きにはたまりません。一緒に練り込まれたくるみは大きめで、香ばしさをしっかり感じます。温めるとクラムからは黒糖のようなマイルドな甘さがにじみ出て、くるみは一段と香ばしくなりました。フィリングの存在感も、生地の甘さも感じることができる良いとこどりのパンです。

ブラックオリーブのパン


口に近づけると、真っ先にオリーブの香りが漂いました。中には小さく刻まれたオリーブが沢山練り込まれています。このオリーブの威力は強く、酵母の酸味にも勝るほど!温めると、生地の甘さが顔を出します。

シナモンロール


むちっ、もちっ、とした重量感のあるシナモンロール。他のパン同様、酵母の酸味をしっかり感じます。シナモンロールは甘さが主役のパン、という概念が覆されました。砂糖が溶けたべたっとした雰囲気も一切なく、シナモンは粉の1粒1粒を感じるほど。甘さも控え目で、言うなればシナモンスティックの苦みもそのまま封じ込めたような風味。これが酵母の酸味とよく合います。

カレンズとサルタナレーズンくるみ ライ麦


ずっしり噛み応えのあるクラムの中には、カレンズとサルタナレーズンの2種類のレーズンが。酵母の酸味の向こうから、ほのかな甘さのレーズンとさっぱりめのレーズンの両方が顔を出します。くるみの香ばしさと相性がいいのは言うまでもありません。酸味をしっかり感じますので、フィリングは脇役といった感じです。

 

届いたどのパンも天然酵母の深い酸味、そして甘さをじんわりと感じるものでした。そして、同封されていたポストカードといい、ロバのイラストといい、パンと一緒に届いたものはお店の世界観そのもの。沖縄のお店に思いをはせながら、全身で美味しさを味わいたいお取り寄せです。

パン屋 水円
http://suienmoon.com/
沖縄県読谷村座喜味367
098-958-3239

PANPAKからのお知らせ
 YouTubeチャンネル「PANPAK Cafe」始めました
#助け合いベーカリー パンを買ってパン屋さんを応援
30日無料で読み放題「Kindle Unlimited」でおススメのパンの本・雑誌(10選)
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事