PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

生産者の想いが詰まったパンをお取り寄せ!北海道「toi」のおまかせ便【お取り寄せ】

DATE
2020.5.20
PANPAKからのお知らせ
 YouTubeチャンネル「PANPAK Cafe」始めました
#助け合いベーカリー パンを買ってパン屋さんを応援

今回お取り寄せしたお店は、北海道にあるパンとコンフィチュールのお店「toi」。北海道の広大な自然に囲まれた丘の上に2019年の1月にオープンしたばかりのお店です。なんと西側には日高山脈、北川には大雪山が見渡せる場所ということで、そんなにも大自然の中で?と驚き、気になっていました。公式ホームページに載っているお店の写真は、見ているだけで心が豊かになるような風景が広がっています。

しかし、それ以上に心惹かれるものがありました。それは、シェフのパンや食べ物に対する想いです。ホームページの素敵な言葉の一部を抜粋します。

「店で使う素材については、できる限りオーガニックで、直接生産者の方から仕入れています。」

「食べるということ、いただきますという想いを大切にし、想いの込もった素材に手を加えさせて頂き、少しでも食卓を彩ることができれば幸せです。」

そして、店名toiは「t…繋がるということ o…美味しいこと・面白いこと i…命を頂くということ」を意味しているとのことです。

生産者の想いを消費者に繋ぐ、そんなメッセージを感じました。

お取り寄せするには?

お店の公式ホームページからお取り寄せできます。単品のラインナップは5種類。toiのパン、茶色いパン、白いパン、黒いパン、パンブリオッシュから選べます。また、セットでの購入も可能。全粒粉の新窯パンセットと新窯パン4種セット、そしておまかせ便(3,000円セットと5,000円セットの2種類)があります。

おまかせ便の内容は、茶色いパン、白いパン、黒いパンの基本のパンは必ず入り、その他がおまかせになります。3,000円セットで4~6種類、5,000円セットで4~7種類のパンが入るとのこと!基本のパンは全て食べてみたい・・ということで、今回はおまかせ便(3,000円)をお取り寄せしました。

さっそく冷凍便で届きました!

注文してから3日後に発送、5日後に到着しました。ホームページには10日以内に発送と記載されていましたので、思っていたより早く届きました!気になる中身はこちら。

上段左から「白いパン」「黒いパン」「茶色いパン」「パンオフリュイ」「パンブリオッシュ」の5種類です。どれも食欲そそる良い焼き色をしています。

一緒に入っていたリーフレットには美味しい食べ方とtoiのパンについて書かれていました。こちらからも生産者の想いを大切にしていることが伝わってきます。ショップカードに書かれた手書きのコメントにも心が温かくなりました。

それでは、1つ1つパンを紹介していきます。

白いパン


断面を見ての通り、もっちり、むっちりしています。ですが、プルプルしすぎず、しっかりクラムの食感を感じることができます。クラストは厚く、香ばしい!そして、漂うのは爽やかで明るい酸味。マイルドな酸味で、終始塩味が引き立っています。

黒いパン


クラムのほろ苦さ、クラストの香ばしさ、全体に広がるほのかな酸味が一度に押し寄せてきました。噛み締めると、じわりじわりとほろ苦さと香ばしさが混じり、これが酸味と良いバランス!ほんの少し、ハチミツを垂らして食べるのも、美味しかったです。

茶色いパン



口の中で自然になじんでいくクラム、それに対比して香ばしくて窯の中を想像できるようなクラスト。白いパン、黒いパン、茶色いパンの中で一番酸味を感じます。最初は優しい酸味ですが、徐々に徐々に濃い酸味に。遠くで甘さも感じる深さがあります。

パンオフリュイ


フィリングは伊予柑ピール、カレンズ、オレンジピール、デーツと盛り沢山!この沢山のフィリングは爽やかな柑橘感、酸味、そして渋めの果汁と表情豊か。口に入れると、ねっとりしたクラムと一緒にフィリングが広がります。そして、噛み進めると、最後にクラストの香ばしさが全体を包み込み、1つのパンになるのがわかります。

パンブリオッシュ


しっとり、そしてホロホロとした口当たりで焼き菓子のよう。ほんのり漂う甘さがなんとも心地よいパンです。甘さを感じますが、バターのオイリー感、砂糖のドストレートな甘さではなく、体にナチュラルに馴染んでいくような自然な甘さです。

パンを作り上げる1つ1つの素材、それを作る人、そしてその素材をつなげてパンを作る人。それぞれの想いを感じながら、じっくり、ゆっくりパンを味わう時間も良いですね。

toi
https://www.toi-naturel.com/
北海道河東郡音更町字上然別北6線23-4
0155-32-9177

PANPAKからのお知らせ
 YouTubeチャンネル「PANPAK Cafe」始めました
#助け合いベーカリー パンを買ってパン屋さんを応援
30日無料で読み放題「Kindle Unlimited」でおススメのパンの本・雑誌(10選)
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事