PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

【横浜・元町】ステイホーム!自転車で往復2時間!どうしても美味しいパンが食べたくて! ブラフベーカリー|片山智香子@旅するパンマニア

PANPAKからのお知らせ
 YouTubeチャンネル「PANPAK Cafe」始めました
#助け合いベーカリー パンを買ってパン屋さんを応援

パンマニア・片山智香子の「旅するパンマニア」2020年5月掲載記事からの転載です。< 元記事はこちら >

旅するパンマニア(弾丸パントラベラー)片山智香子です。

<緊急事態宣言発令されたということもあり、ここ1か月半くらい電車自体に乗っていない私。でもね、ステイホームはしていても、やっぱり美味しいパンを食べたい!そんな気持ちは日に日に増すばかり!!! そんな時、ふっと思い出したのです。そうだ!横浜にはブラフベーカリーがあるじゃないか!幸い、私は海横浜に住んでおりグーグルマップでブラフまでの距離を調べたら片道約10キロ。10キロかー。遠いなー。自転車で行っても往復2時間かー。いや、でも、行くまでの道中はほぼ平坦だし、逆に時間のシバリはないのだから行って行けないことはないのでは?!えいっ!やー!と思ったが吉日、調べた翌日には自転車をこいでおりました(笑)

自転車といってもスポーツサイクルだったり電動なんじゃないの?とお思いかもしれませんが、あれですよ。正真正銘のママチャリです。自転車の中で一番速度がでないと言われている、いまだに荷台には息子がちびっ子の頃につけていた補助椅子もある自転車です(笑)往復20キロなので、念のため出発前に両輪空気をいれていざ出発!

横浜駅方面までは、ほぼ人がいなくてスイスイ進むのですが景色があまり変わらないのでちょっぴり孤独との闘い(笑)逆に横浜駅から元町あたりくらいまでは、それなりに人の往来があるので出来るだけ人がいないルートを探しながら。でも、ここら辺までくるとTHE横浜な景色が続くので気持ちいいサイクリング。もう山下公園まできたら、ブラフベーカリーは目と鼻の先ですからね。

1時間こぎ続けた老体に最後の代官坂はこたえましたが、無事にブラフベーカリーへ到着!!5月3日の時点では入店は4名まで、もちろん、マスクは必須で、入店時に消毒スプレーをかけたうえで、ビニール手袋を着用。トングはなくビニール手袋でパンをつかみトレーにのせます。会計はベーカリースキャンになっていてお金も店員さんに渡すことなくセルフレジ。栄徳シェフもいらっしゃったので簡単にご挨拶させて頂き、ちょっとだけ山下公園に寄り道。公園だからか思っていたよりは人がいましたが、みんなソーシャルディスタンスは保って過ごしておりました。

スウィートコーンブレッド
このパンが食べたくて往復2時間かけて行ったといっても過言ではないくらい大好きなパン。北海道産小麦100%に砂糖不使用。バターミルク入りの生地で作ったスウィートコーンブレッド。コーン自体にも甘味があり、クラムしっとり(ペタペタ)もっちりしている。クラストはチャバタみたいなシンプルな食感。コーンパンって、「コーン」と「パン」の食感や味わいが分離されているものが多いなか、これは一体感あり。コーンパンがそれほど得意でない息子もかなり気に入った一品。

バゲット(トラディッショナル)
フランスのVIRON社の小麦を使ったバゲット。クラストのサクサクした音が耳に心地良く、さくみありながらもクラムには水分をめちゃくちゃ感じる、大好きなタイプのバゲット。バゲットはパンの中でも大好きで、色々食べ歩いた結果、VIRONのバゲットが一番好きという結論にいたったのですが、これはそれを少し揺るがしそうなくらい、かなり好きなタイプのバゲットでした。リピ決定です!

ミルクスティック
さくみよりも、しっかりした食感のフランスパンに発酵バターで作った特製ミルククリーム。帰宅後食べたから程よくミルクが柔らかくなっていたというのもありますが、口にいれた瞬間、ミルクのじゅわりと広がる甘味とシンプルな小麦の味わいがめちゃくちゃ合いました!何より、BBと書かれた帯が可愛い。

じゃがいもとベーコンのキッシュ
パン屋さんが作るキッシュが好きなのでこちらも購入。家族3人で食べて丁度良かったので一人で食べるにはちょっとボリューミーかも。キッシュ生地はしっかりした食感だけれども口の中でほろりと馴染む。ペッパーが効いているので単品としても満足度は高かったです。

我が家の自転車は電動ではなく、完全なるママチャリなので平坦な道で行けるところでないと厳しいのですが、5月31日まで緊急事態宣言が延長されたので、気分転換&運動がてら焼きたてパンを目指してまた行ってみようと思ってます☆

BLUFF BAKERY(ブラフベーカリー)
住所:神奈川県横浜市中区元町2-80-9ヒルクレストオグラ1F
電話番号:045-651-4490
営業時間:8:00~18:30
定休日:月曜日

< 元記事を読む >

この記事を書いた人

片山智香子@旅するパンマニア Twitter: @katayamachikako
1万個以上のパンを食べ歩いたパンマニア・片山智香子が国内・海外のパンを求めて旅をする!【国内】都内近郊、北海道、名古屋、京都、大阪、愛媛、福岡、沖縄【海外】台湾、ベトナム、ハワイ、シンガポール、オーストラリア。バインミーマニアとしても活動中!
メディア出演など実績はこちら⇒ https://panyameguri.jimdo.com/

PANPAKからのお知らせ
 YouTubeチャンネル「PANPAK Cafe」始めました
#助け合いベーカリー パンを買ってパン屋さんを応援
30日無料で読み放題「Kindle Unlimited」でおススメのパンの本・雑誌(10選)
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事