PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

【京浜急行パンの旅⑨】追浜:北原製パン所|片山智香子@旅するパンマニア

PANPAKからのお知らせ
 YouTubeチャンネル「PANPAK Cafe」始めました
#助け合いベーカリー パンを買ってパン屋さんを応援

パンマニア・片山智香子の「旅するパンマニア」2020年4月掲載記事からの転載です。< 元記事はこちら >

旅するパンマニア(弾丸パントラベラー)片山智香子です。

2020年2月24日(新月)より、我が愛する京浜急行沿線のパン屋さんを紹介していく「京浜急行パンの旅」をスタート!毎週月曜日に更新予定!

===

新型コロナウィルス感染症拡大を防ぐため、緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出自粛が各地で要請されています。外出の判断については国、および自治体の方針に沿ってご自身で行ってくださいね。終息したら行くぞー!という参考になればと思い、4月いっぱいは京浜急行パンの旅連載続けますね!

===

9回目は追浜の北原製パン所

駅を下車すると目の前を大きな通り(横須賀街道)が走っています。道路は渡らず左折して3分程度歩いて行くと看板が見えてくるのですぐに見つかります。

横須賀で創業70年以上、天然酵母を使い、店頭では31種類のパン、菓子類は13種類。横長の店構えでガラスケースの中に惣菜パンを中心としたパンが並んでいます。お店の方に購入したいパンを言って取ってもらうスタイル。奥に工房があるようです。スタイルとしては県立大学の中井パン店と似ています。

客層は地元が多い感じ。たまたま同じタイミングで並んでいた方が「やきそばパンもオススメって聞いて」と言っていたので、心惹かれたのですが・・・、やっぱりここは一番人気であるコチラをば。

そう。ポテトチップスパン!!

横須賀のソウルフードでもあるポテトチップスパン。前述の中井パン店のポテチパンはキャベツたっぷり入っているコールスローのような具材にポテチが入っているバージョンなのだけれど、北原製パンのは袋詰めされていて、ほんのり甘めで昔ながらなパン生地。しっとりしているので食べやすい。真ん中をカットして辛子バター、砂糖とマヨネーズがさっくり味付けされていて、キュウリスライスがイン。ポテチの食感がかなり残ってます。ちょっと面白い味です!!

北原製パン所
住所:神奈川県横須賀市追浜本町1丁目3番地
電話番号:046-865-2391
営業時間:6:00~18:00
定休日:年中無休
最寄り京浜急行駅:追浜

< 元記事を読む >

この記事を書いた人

片山智香子@旅するパンマニア Twitter: @katayamachikako
1万個以上のパンを食べ歩いたパンマニア・片山智香子が国内・海外のパンを求めて旅をする!【国内】都内近郊、北海道、名古屋、京都、大阪、愛媛、福岡、沖縄【海外】台湾、ベトナム、ハワイ、シンガポール、オーストラリア。バインミーマニアとしても活動中!
メディア出演など実績はこちら⇒ https://panyameguri.jimdo.com/

PANPAKからのお知らせ
 YouTubeチャンネル「PANPAK Cafe」始めました
#助け合いベーカリー パンを買ってパン屋さんを応援
30日無料で読み放題「Kindle Unlimited」でおススメのパンの本・雑誌(10選)
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事