PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

Chigaya(東京 蔵前)湘南の人気店が蔵前に 上品なパンに心奪われるパン屋さん|パンハンター じぇしかのパンの旅

PANPAKからのお知らせ
 YouTubeチャンネル「PANPAK Cafe」始めました
#助け合いベーカリー パンを買ってパン屋さんを応援

パンハンター じぇしかのWebメディア「パンの断面」2020年4月掲載記事からの転載です。元記事を読む

Chigaya@東京 蔵前

湘南、辻堂にあるパン屋さん「Chigaya」。こちらのお店の2号店としてオープンしたのが、ここ「Chigaya 蔵前店」。蔵前駅から徒歩7分ほどのところにある。

歴史を感じるビルの1階に赤いギンガムチェックのカーテンが見えたら、そこが「chigaya 蔵前店」。新旧が入り混じる、どこかほっとするような店構えがなんとも蔵前らしい。

わくわくする気持ちでお店のドアを開けると、やわらかい女性の声で「いらっしゃいませ」と声をかけられる。

お店に入るとすぐ、目の前に並ぶパンに目を奪われる。白色と木目調をベースにした棚は、1号店の湘南エリアの雰囲気を彷彿させる、爽やかさと可愛らしさがある。

どのパンも上品という言葉がぴったり。品がある。

ランチによさそうなお惣菜系も。

パンだけでなく三角にカットされたケーキも。バナナケーキとキャロットケーキ。

高く積まれているのは人気NO1のドーナツ。「プレーン」「シナモン」「レモン」の3種類。

ガラス窓に囲まれた店内は、外からの光と豆電球の灯りが合わさって、明るすぎず暗すぎずの落ち着く塩梅。そして、窓際の席、大きなテーブル席、カウンター席が並んでいる。優しい雰囲気の店内で、まるで「好きなところに座っていいよ」と話しかけられているような気持ちになる。

今回はこちらを購入。

WHITE

白く、丸いビジュアルから、ふんわりした食感かな・・と思いきやパンナイフを入れてビックリ。見た目とは異なる、フランス生地のような食感。クラストは薄いけれどしっかりしている。中にはオレンジとホワイトチョコ。このオレンジが果物そのもの!という感じで柑橘感がダイレクト。この柑橘感が甘いホワイトチョコと相性抜群。

GLAMOROUS

クラムもっちり、クラストしっかりのハード寄りのパン。中にはクリームチーズといちじくとくるみ!クリームチーズが真ん中にドンと入っていて、チーズのもったり食感と大きなくるみの香ばしさが美味しい。もっちりクラムに包まれてクリームチーズが溶けていく。

そして・・・

人気NO1のドーナツも。この日はプレーンをチョイス。

このドーナツが衝撃的で。ふわっとした口当たりなのに、噛み締めるごとにもっちり食感に!表面のサクッと食感の砂糖が、噛むごとにほろほろ崩れていくのもたまらない。油っこくなくさらっとしているので、パクパクいけてしまう。

パンと一緒にドーナツの購入もおすすめ。

Chigaya

東京都台東区鳥越2-8-11
電話番号:03-5829-5809
営業時間:9:00~23:00
定休日:水曜日、隔週木曜日
https://www.instagram.com/chigaya_kuramae/

元記事を読む

この記事を書いた人

じぇしか/パンハンター Twitter: @je_si_ka_
パン屋さんを見つけたら素通りできない無類のパン好き。食べるのも好きだけどパンの断面を眺めるのが至福。夢は作り手と食べ手が一緒になって、笑顔でパンを囲む場所をつくること。愛してやまないパンの断面は〈パンの断面図鑑〉 https://www.instagram.com/panno_danmen

PANPAKからのお知らせ
 YouTubeチャンネル「PANPAK Cafe」始めました
#助け合いベーカリー パンを買ってパン屋さんを応援
30日無料で読み放題「Kindle Unlimited」でおススメのパンの本・雑誌(10選)
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事