PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

ベッカライポンポン(東京 とうきょうスカイツリー)ドイツパン店なのに?おすすめ!コーヒーあんぱん|パンハンター じぇしかのパンの旅

パンハンター じぇしかのWebメディア「パンの断面」2020年1月掲載記事からの転載です。元記事はこちら

ベッカライポンポン@東京 とうきょうスカイツリー

東京スカイツリーのお膝元、墨田区。下町っぽさも残る、新旧入り混じる楽しい街。今回はそんな墨田区に軒を構えるドイツパンのお店、ベッカライボンボンに向かった。

場所はとうきょうスカイツリー駅から歩いて10分ほどのところ。駅を出て二車線のひらけた桜橋通りをまっすぐ、ひたすらまっすぐ進むとこちらの看板が見えてくる。

足元に愛らしいパンダのイラストと営業中の文字。

反対車線からお店を見るとこんな感じ。

他のお店に挟まれてストライプのひさしがとても目立つ。そして、向かいから見るとお店の小ささが良くわかる。両腕を広げた幅よりも狭いショーケースにぎゅぎゅっとパンが並び、その上が窓口となっている。対面式でパンをオーダーするシステムである。

接客してくださったのは奥さま、後ろの厨房には旦那さまらしき方がパンを作っている姿が見えた。

この日並んでいたパンはこちら。

上段・中断にはあんぱんやコッペッパンといった定番のパン。ポテサラパンやキーマカレーパンといったお惣菜系も並んでいる。下段にはシンプルパンが。やはりドイツパン店。ライ麦パンは種類が豊富で45%、70%、90%、そしてかぼちゃの種やくるみが練り込まれたものも売られている。

今回はこちらを購入。

コーヒーあんぱん

大人気!と王冠型のポップがついていたので迷わず購入。生地自体にコーヒーが練り込まれ、中にはホイップクリームとコーヒーあんが2層になって入っている。口に入れてビックリ。コーヒーが濃厚。「コーヒー」というよりも漢字の「珈琲」がぴったり。飲み物のコーヒーではなく豆から挽いた珈琲の香りがそのまま閉じ込められている感じで、あんとの相性が抜群。そしてホイップクリームは口どけがよくふわふわで、コーヒーあんをまろやかにしている。トッピングのアーモンドは食感が良くて楽しい。

かぼちゃの種ライ麦パン

種類が豊富で気になったライ麦パン。その中から、かぼちゃの種が練り込まれたこちらをチョイス。ハーフサイズを購入したところ、程よい厚さでスライスされていた。
とても食べやすいライ麦パンで、塩味がちょうどよい塩梅。かぼちゃの種はトッピングにも中にもたくさん入っていて香ばしい。クリームチーズとをのせて食べるとさらに美味しい。

ドイツパンはもちろんのこと、あんぱんも美味しくて「ドイツパン店なのに?」と良い意味で期待を裏切られた。ドイツパンだけではなく、他のパンもセットで購入するのが定番になりそう。

ベッカライ ポンポン

住所:東京都墨田区向島5-27-17
電話番号:03-5809-7595
営業時間:8:30~16:00
定休日:月曜日・第3火曜日
https://www.instagram.com/backerei.ponpon/

元記事を読む

この記事を書いた人

じぇしか/パンハンター Twitter: @je_si_ka_
パン屋さんを見つけたら素通りできない無類のパン好き。食べるのも好きだけどパンの断面を眺めるのが至福。夢は作り手と食べ手が一緒になって、笑顔でパンを囲む場所をつくること。愛してやまないパンの断面は〈パンの断面図鑑〉 https://www.instagram.com/panno_danmen

PANPAKからのお知らせ
≫30日無料で読み放題「Kindle Unlimited」でおススメのパンの本・雑誌(10選)≪
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事

Sponsor