PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

【上野飲みパンに最適!パンはもちろん、食事がめちゃくちゃ美味しい! CISE|片山智香子@旅するパンマニア

PANPAKからのお知らせ
 YouTubeチャンネル「PANPAK Cafe」始めました
#助け合いベーカリー パンを買ってパン屋さんを応援


パンマニア・片山智香子の「旅するパンマニア」2019年12月掲載記事からの転載です。< 元記事はこちら >

旅するパンマニア 片山智香子です

地下鉄の千駄木駅からも行けるのですが(最初はそちらから行きました)上野駅からの道の方がもしかしたら簡単かもと思い、今回は上野駅からの道で。JR上野駅でも京成上野駅でもOK。JRで行った場合はとりあえず京成上野駅の方まで行き、上野公園と上野動物園の間の道をくだり続けます。結構、道なり。細かいところはグーグルマップで行ってもらうとして、結構、道なりで15分と行き方としては難しくないです。

こちらのお店は新富町の「Coulis」で9年半にわたり経験を積んだ宮武シェフによるビストロ。地元である北海道の素材を多用しながらフレンチをベースにした食事が提供される。それだけなら、こちらの「旅するパンマニア」ブログには書かないのだが、他のビストロと違うのはパンもシェフが手作りしているというところ。

キャロットラぺ・きのこのマリネ、なにより面白い食感と味わいだったのがレバーの燻製。

油断すると肉ばかり食べてしまいがちなので、出来るだけ魚を食べようとこのような時は魚をチョイス。レンコン好きなのでレンコンあるの嬉しい。サーモンにカリフラワーのムース。見て分かるかと思うのですが、お皿一枚一枚にこだわり感じます。

食事と一緒に提供された3種類のパンは、バゲット、ブリオッシュ、青のりのチャバタ。レーズンやヨーグルトから起こした自家製酵母、キタノカオリや春よ恋といった国産小麦を使用。全体的にもっちりした食感が特徴的でした。バゲットはクラスト薄く、クラムのヒキが美味しい。青のりのチャバタは海藻、海の香りをとても感じる一品。

テイクアウト用のパン、食事おわり帰る頃には焼きあがったのでバゲット購入して帰ってきました。パンはもちろん、食事がめちゃくちゃ美味しいので次回は夜、パン飲み目的に伺ってみたいお店でした。

CISE について

住所:東京都台東区池之端3-4-19
電話番号:03-6884-1989
営業時間:12:00~15:00 18:00~23:00
(臨休になることもあるので、FBの営業カレンダー要チェック)
定休日:不定休

< 元記事を読む >

この記事を書いた人

片山智香子@旅するパンマニア Twitter: @katayamachikako
1万個以上のパンを食べ歩いたパンマニア・片山智香子が国内・海外のパンを求めて旅をする!【国内】都内近郊、北海道、名古屋、京都、大阪、愛媛、福岡、沖縄【海外】台湾、ベトナム、ハワイ、シンガポール、オーストラリア。バインミーマニアとしても活動中!
メディア出演など実績はこちら⇒ https://panyameguri.jimdo.com/

PANPAKからのお知らせ
 YouTubeチャンネル「PANPAK Cafe」始めました
#助け合いベーカリー パンを買ってパン屋さんを応援
30日無料で読み放題「Kindle Unlimited」でおススメのパンの本・雑誌(10選)
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事