PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

たくみにしかわ バターラスク

広島県初出店!行列のできる食パン店『銀座に志かわ』が広島市南区にオープン!

DATE
2019.11.27
ラスク専用のフランスパンで作る「たくみにしかわ」の最高級バターラスク【PR】

銀座でオープンした行列のできる食パン店『銀座に志かわ』が、12月1日(日)に広島でオープンいたします!

中国地方では倉敷市に続き2店舗目となる「広島駅前店」です。

「水にこだわる高級食パン」でアルカリイオン水を仕込み水に使用。絹のように柔らかい、ほんのりとした甘みのある唯一無二の食パンです!

伊勢神宮内宮に奉納した実績のある食パン。ぜひ、一度お召し上がりください!

銀座に志かわ広島駅前店
2019年12月1日(日)午前10時オープン
住所:広島県広島市南区松原町5-1
電話:082-506-2400
営業時間:10時00分~18時00分(売り切れ次第終了)
11 月21日(木)正午12 時よりお電話にて事前予約を受付いたします。

▼詳細はこちらから▼
公式HP:銀座に志かわ

1本に込められた無限の可能性​

「銀座に志かわ」の商品は”水にこだわる高級食パン”。原材料はカナダ産高級小麦粉を始め、マーガリンは使用せずに100%バターで製造。

しっとりとしたのど越しでほんのり甘く耳まで柔らかいモチモチした食感。堪能するには購入1日目の生食が一番です。また、その後の経過時間と共に生食とは違った「水にこだわる高級食パン」を楽しむこともできます。水分が1 日目よりかは減少した2 日目以降はトーストに。外はカリッ、中はふんわりした生食で得られないような香ばしさが楽しめます。

また食パンは和の食材との相性が抜群。きんぴらごぼうや柚子胡椒などの和惣菜、奈良漬けなどのお漬物や佃煮、いかの塩辛や明太子、酒盗といった酒の肴にもよく合います。ワインから微発泡のスパークリング日本酒などお酒とも相性抜群です。

この変幻自在で、無限の可能性を秘めた銀座に志かわの食パンをぜひお楽しみください。

プチ贅沢感 「イメージ」は銀座の料亭​​

値段:800円(税抜き)

料亭のおもたせを彷彿させるような手提げ紙袋。「プチ贅沢」「自分へのご褒美」「ちょっと気の利いた手土産」と言った従来の食パンにはなかった新しいニーズを掘り起こしています。

また、アツアツのパンの蒸気が籠らないように、上が大きく開くタイプのパン保存袋を使用し、手提げ紙袋の底にはポール紙を入れて型崩れを最小限に防ぐなど、細かいところまで気を配りがみられます。

最高の状態で焼きたての美味しい食パンが召し上がられます。

▼公式HPはこちらから▼
銀座に志かわ

PANPAKからのお知らせ
≫PANPAKオリジナルTシャツつくりました≪
≫Instagramでは、コンビニパン図鑑、アレンジパン図鑑連載中≪
≫Twitterでも日々パン情報発信中≪
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事

Sponsor