PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

たくみにしかわ バターラスク

【バインミーマニア㉑】横浜・白楽 ワンゴン |片山智香子@旅するパンマニア

ラスク専用のフランスパンで作る「たくみにしかわ」の最高級バターラスク【PR】

パンマニア・片山智香子の「旅するパンマニア」2019年9月掲載記事からの転載です。< 元記事はこちら >

旅するパンマニア 片山智香子です

東急東横線の白楽駅から徒歩2分程度。上り線の場合、でてすぐの改札、通りに面したら右に歩いて行くと左手にワンゴンが見えます。

実はここ、高田馬場や水道橋にあるバインミーサンドイッチのFBで知ったお店。同店のスタッフだった方が新しく働きだしたお店らしく、めちゃくちゃ興味あったので、パンのフェスの取材ロケの帰りに白楽まで足を延ばし行ってきました。ちなみにこちらはバインミー専門店ではなく、ベトナム料理屋さん。

バインミーサンドイッチのバインミーも食べることが出来るようですが、こちらは食べたことあるので、お店のバインミーをオーダー。いやー、これが美味しかった!種類は、ハム&レバーパテ、目玉焼き、チャーシューの三種類!

ホイアンで目玉焼きのバインミーを食べて美味しかったので目玉焼きにしようか迷いましたが、まずは一番人気(定番)のものをということで、ハム&レバーパテ。

パンを軽くトーストしてからサンドしてくれるので、さっくり温かく、軽い食感ながらも具材との一体感もある。なますはそれ程、酸味は感じず適度なさっぱり感が丁度良い。バターなのかマヨネーズなのか分からないけれど、その油分とベースとなるソースがいい感じに絡んでいて、食べるごとに口の中に旨味が広がるんです。

個人的にバインミーは最高のB級グルメだと思っているので、雑多な中にも旨味がじゅわりと広がるの大好きです!!これ、目玉焼きが入るとまた違った味わいも楽しめると思うので、次行ったら目玉焼きをチョイスしてみようと思ってます。同じ横浜だし、こちらのバインミーの味かなり気に入ったので再訪する気満々!

せっかくなので、鶏肉のフォー(メニューには書いてないけれど、小さめオーダーできる様子)も頂いてきました。1階はカウンター席、2階はテーブル、3階はオープンドア(良く言えばテラス席(笑))があるので、一人でいった場合はカウンター席でスタッフの方と話しながら食べるのも楽しいです。日本語はほぼ通じなかったけれど、この前ホイアンに行ってきたよ!って話をしたりしてみました。

ワンゴンについて

住所:横浜市神奈川区白幡街1-8
営業時間:11:00~15:00 17:00~21:00
定休日:月曜日

< 元記事を読む >

この記事を書いた人

片山智香子@旅するパンマニア Twitter: @katayamachikako
1万個以上のパンを食べ歩いたパンマニア・片山智香子が国内・海外のパンを求めて旅をする!【国内】都内近郊、北海道、名古屋、京都、大阪、愛媛、福岡、沖縄【海外】台湾、ベトナム、ハワイ、シンガポール、オーストラリア。バインミーマニアとしても活動中!
メディア出演など実績はこちら⇒ https://panyameguri.jimdo.com/

PANPAKからのお知らせ
≫PANPAKオリジナルTシャツつくりました≪
≫Instagramでは、コンビニパン図鑑、アレンジパン図鑑連載中≪
≫Twitterでも日々パン情報発信中≪
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事

Sponsor