PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

たくみにしかわ バターラスク

コウブツ(福岡 高宮)お店もパンも優しい雰囲気、福岡のパン屋さん|パンハンター じぇしかのパンの旅

ラスク専用のフランスパンで作る「たくみにしかわ」の最高級バターラスク【PR】

パンハンター じぇしかのWebメディア「パンの断面」2019年11月掲載記事からの転載です。< 元記事はこちら >

コウブツ@福岡 高宮

うーぱんベーカリーを後にし、そのままの足で向かったのがコチラのお店。
住宅街の一角の角、アパートの1階がお店になっていて
注意していなければ見逃してしまいそうなくらい周囲に溶け込んでいる。
茶色い建物が見えたらこちらがパン屋さん、「コウブツ」。

よくよく見ると、足元に看板が。

パンのイラストに「コウブツ」の文字。
シンプルだけどなんだか愛らしい。
階段を1段上がり、ドアを横に開け店内に入る。

お店に入るとすぐ、奥から「いらっしゃいませ」と優しい女性の声が。
ドアを開けてすぐ、目に飛び込んでくるのは
腰高ほどの棚に丁寧に並ぶパン。

食パンが3種類。
カルピスと牛乳、練乳で作られたカルピス食パンはとても気になる。

見た目から秋のほっこり感漂うごまさつま。

可愛くて、写真を撮らずにはいられなかったこちら。
瓶に入ったラスクやビスケット。

話を伺うと、接客をしてくださった女性が一人で切り盛りされているとのこと。
どのパンもナチュラルな肩肘張らない雰囲気で
女性の印象と似ている。
野菜系のパンが気になった今回は、コチラの2品を。

ごぼうチーズ


想像していたよりもごぼうの香りがダイレクト。
中に入ったごぼうは角切りでしゃきしゃきした食感もしっかり感じる。
これに角切りチーズがよくあう。
チーズの塩味とごぼうがあわさると、マイルドさもありつつ
根菜感の主張も残り満足感が高い。

トマトパン


優しい赤色をしたこちらのパン。
水分の代わりにトマトジュースを使ったパンで
二つに割るとふんわりトマトジュースの香りが広がる。
トマト臭くなく素朴な味が心地よい。

見逃してしまいそうなコチラのお店、
目指すときは足元に置かれた看板を目印に。

コウブツ について

住所:福福岡県福岡市南区大楠3-8-16 大和荘 1F
電話番号:092-524-1139
営業時間:7:00~17:00
定休日:月曜日、第一日曜日

https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400202/40023426/

< 元記事を読む >

この記事を書いた人

じぇしか/パンハンター Twitter: @je_si_ka_
パン屋さんを見つけたら素通りできない無類のパン好き。食べるのも好きだけどパンの断面を眺めるのが至福。夢は作り手と食べ手が一緒になって、笑顔でパンを囲む場所をつくること。愛してやまないパンの断面は〈パンの断面図鑑〉 https://www.instagram.com/panno_danmen

PANPAKからのお知らせ
≫PANPAKオリジナルTシャツつくりました≪
≫Instagramでは、コンビニパン図鑑、アレンジパン図鑑連載中≪
≫Twitterでも日々パン情報発信中≪
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事

Sponsor