PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

たくみにしかわ バターラスク

ブレドール(茨城 戸頭)懐かしさあり、今ドキさあり!団地の1階にパン屋さん|パンハンター じぇしかのパンの旅

ラスク専用のフランスパンで作る「たくみにしかわ」の最高級バターラスク【PR】

パンハンター じぇしかのWebメディア「パンの断面」2019年10月掲載記事からの転載です。< 元記事はこちら >

ブレドール@茨城 戸頭

子供のころよく見かけた。
団地の1階に入った、住民の生活を支える小さなスーパーやパン屋さん。
今はめっきり見かけなくなったけれど、
そんな懐かしい光景があると聞き、この日足を運んだのは常総線の戸頭駅。
都心ではなかなか見かけなくなった「団地の一角のパン屋さん」があると聞いて降り立った。
レトロな雰囲気漂う駅を降り、向かうは戸頭団地。

駅出てすぐのところに広がる団地で、お店の看板もしっかり出ている。

そして住居にぐるっと囲まれ、中央に遊具。
右側の1階にパン屋さん「ブレドール」が入っている。


お店の扉を開けると、優しそうなご主人に「いらっしゃいませ」と出迎えられる。
目の前にショーケースがあり、ショーケースの中、上、
そして端から端までパンが並べられ、量、種類の多さにびっくり。
比較的、食事系のパンが多く家族そろってみんなで選ぶのが楽しそう。


懐かしい焼きそばパンから

ピザやキッシュといったお惣菜系まで種類豊富。

ラスクもこんなに沢山!

今回はこちらを購入。

モッツァレラチーズ入り焼カレーパン


外サクサク、パン生地は薄め、
中のカレーの味は濃厚でチーズはほんのり。
パン自体が油っぽくなく重くないので、
濃いめのカレーとバランス良く食べやすい!

フランスあんぱん


ぎゅっと詰まったフランスパンは噛み締めると
じゅわじゅわ甘さが染み出る感じ。
中には粒あんとバター。
甘い粒あんと多すぎず少なすぎずのバターが口の中で溶けていく。

どこか懐かしく、そしてどこか今ドキの雰囲気もあるパン屋さん。
老若男女に愛される、そんな言葉がぴったりのお店。

ブレドールについて

住所:茨城県取手市戸頭6-30-4 UR戸頭団地 1F
電話番号:0297-78-3454
営業時間:7:00~20:00
定休日:火曜日、木曜日、日曜日
https://tabelog.com/ibaraki/A0803/A080301/8011591

< 元記事を読む >

この記事を書いた人

じぇしか/パンハンター Twitter: @je_si_ka_
パン屋さんを見つけたら素通りできない無類のパン好き。食べるのも好きだけどパンの断面を眺めるのが至福。夢は作り手と食べ手が一緒になって、笑顔でパンを囲む場所をつくること。愛してやまないパンの断面は〈パンの断面図鑑〉 https://www.instagram.com/panno_danmen

PANPAKからのお知らせ
≫PANPAKオリジナルTシャツつくりました≪
≫Instagramでは、コンビニパン図鑑、アレンジパン図鑑連載中≪
≫Twitterでも日々パン情報発信中≪
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事

Sponsor