PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

たくみにしかわ バターラスク

オーディナリー(茨城 守谷)焼き色輝くカッコいいパンに出会えるお店|パンハンター じぇしかのパンの旅

ラスク専用のフランスパンで作る「たくみにしかわ」の最高級バターラスク【PR】

パンハンター じぇしかのWebメディア「パンの断面」2019年10月掲載記事からの転載です。< 元記事はこちら >

Bread & Bagel Ordinary@茨城 守谷

最寄り駅はつくばエクスプレスの守谷駅。
駅を出ると大通り、そして1本奥に入れば住宅街に囲まれたこのエリアで
注意して歩いていなければ見逃してしまうパン屋さん。
というのもお店の手前は大きな駐車場、
その奥にある建物は3階建ての普通の住居。
一見、パン屋さんがあるようには見えないけれども、
その住居らしき建物の1階が間違いなくお店になっていて
今回、探していた「Bread & Bagel Ordinary」である。

お店の入り口はこちら。
黒く縁どられたシックなドアがおしゃれ。

店内はコンパクトで2~3人入れば窮屈なくらい。

外の光が爽やかに差し込み、
パンの焼き色がより一層輝いて見える

ハード系のパンは焼き色が濃くしっかりしていて
見るからに美味しそう。


クロックムッシュやシナモンロールも良い色している。

プロートヒェン


指で押すと弾力感が伝わってくるほどむっちりしている。
小麦の味がじわじわ広がりシンプルなのに美味しい。
トッピングのかぼちゃの種は
香りも香ばしくシンプルなパンにあう。
これは何もつけずにこのまま食べたい。

バトンオフリュイフロマージュ


断面からぎゅぎゅっと詰まっているのがわかるこちらは
超ハード系。
フィリングはプルーン、ブルーベリー、カレンツ、
カシューナッツ、アーモンド、そしてクリームチーズ。
プルーン、ブルーべリー、カレンツの
じゅるっとした食感と甘さが交互に押し寄せてくる。
クリームチーズは重すぎず、もったりしすぎず、
他のフィリングの甘さとちょうどよいバランス。

お店のインスタグラムやフェイスブックを見ると
他のパンもカッコよく輝いていて
一般的には可愛らしいタルトでさえイケメンに見える。
カッコいいパンに出会いたくなったらぜひ、こちらのお店へ。

オーディナリー(Bread & Bagel Ordinary)について

住所:茨城県守谷市百合ヶ丘2-2767-1
電話番号:0297-38-7838
営業時間:11:00~19:00
定休日:火曜日
https://www.facebook.com/Bread-Bagel-Ordinary-350730761766131/

< 元記事を読む >

この記事を書いた人

じぇしか/パンハンター Twitter: @je_si_ka_
パン屋さんを見つけたら素通りできない無類のパン好き。食べるのも好きだけどパンの断面を眺めるのが至福。夢は作り手と食べ手が一緒になって、笑顔でパンを囲む場所をつくること。愛してやまないパンの断面は〈パンの断面図鑑〉 https://www.instagram.com/panno_danmen

PANPAKからのお知らせ
≫PANPAKオリジナルTシャツつくりました≪
≫Instagramでは、コンビニパン図鑑、アレンジパン図鑑連載中≪
≫Twitterでも日々パン情報発信中≪
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事

Sponsor