PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

たくみにしかわ バターラスク

代々受け継がれる伝統の味!木村屋總本店の「酒種あんぱん五色」【お取り寄せ】

DATE
2019.10.29
ラスク専用のフランスパンで作る「たくみにしかわ」の最高級バターラスク【PR】

 

フランスといえばバゲット、アメリカといえばハンバーガー、ドイツといえばプレッツェ
ル・・。各国にはその国発祥とされるパンがありますよね。

では日本発祥のパンといえば・・?クリームパン、コッペパンも代表的な日本のパンですが、
日本のパンといえばあんぱんを思い出す人も多いはず。

というわけで、今回お取り寄せしたのはこちら…!

あんぱんといえば、“あんぱんの木村屋”と言うほどの老舗の名店、木村屋總本店「酒種あんぱん」。

パン屋さんに詳しくない方でも1度は聞いたことがある名前ではないでしょうか?そうです、この日本人おなじみの「あんぱん」を初めて開発したのが、木村屋(現:木村屋總本店)なのです!

木村屋總本店はなんと創業150年。創業当初の日本は、まだまだパンに馴染みが薄かった時代です。そこで「日本人にあうパン」と木村屋總本店で考案されたのが酒種あんぱんでした。

パンと餡子の組み合わせはまさに和洋折衷。当時の日本人にとって、とても衝撃的な組み合わせだったのではないでしょうか。そしてなんと今、木村屋總本店で使われている酒種酵母は明治7年に開発され約150年近く、代々受け継がれているものです。

パンの酵母といえばイーストが一般的ですが、酒種の方が風味は勝るとのこと。しかし、適した菌を人工的に集め培養するイーストと比べ、特別な管理、環境が必要で手間がかかるのが酒種。手間をかけてもこだわりのあるあんぱんを、ということですね!

 

木村屋總本店のパンがお取り寄せできる

 

木村屋總本店オンラインショップ

 

手土産や贈り物にも大人気の木村屋のあんぱんはオンラインショップ販売も行なっています。本店のある銀座や、首都圏各地の店舗に行かなくても、木村屋の味を楽しめるのはとても便利ですね。

オンラインショップをみると、あんぱんだけで何種類も。せっかくなら色々な味を試したい…!ということで、
お取り寄せしたのは酒種あんぱんの詰め合わせ、「酒種あんぱん五色」。5種類のあんぱんがセットになっています。

木村屋のあんぱんが到着!

長方形の箱に入って届きました。

 

包装紙に描かれているのは木村屋のチンドン屋を使った宣伝風景。銀座に「広目屋」とい
う楽隊率いるチンドン屋ができ、木村屋はいち早く宣伝のために取り入れたといいます。
パン宣伝の第一号です。包装紙にはその華々しい様子が描かれています。

 

側面には金色で「木村家」の文字が。高級感があります。

 

箱を開けると・・・こちら!

あんぱんとともにリーフレットも。

 

厚めの袋にくるまったあんぱんが5つ。行儀よく中に並んでいます。

 

気になる中身はこちら。

上から右回りに「けし」「桜」「うぐいす」「白」「小倉」。

 

 

実食!

それでは1つづつ紹介していきます。

「桜」

明治天皇に献上した歴史あるあんぱん。中には桜の塩漬けがが香るこし餡が入っています。クラムは食感をしっかり感じ、パンの良い香りがします。この香りは甘い香りではなく、鼻にすっと入ってくる爽やかなパンの香り。いやらしさ、しつこさがありません。これが酒種酵母の香りでしょうか・・!口に入れるとなめらかな餡が舌の上で溶け、同時に桜の塩漬けの塩味がじゅわりと広がります。

 

「けし」

けしの実がトッピングされたこし餡入りのあんぱん。ぷちぷちとしたけしの実の香ばしさが、なめらかなこし餡といっしょに消えていきます。先ほどの桜の比べ塩味がないので王道のあんぱんという感じです。

 

「小倉」

こちらは粒餡入り。粒餡は粒感がしっかり残っています。餡だけ食べてみると甘さと粒の食感がダイレクトに伝わり「濃いめの餡子」という感じですが、パンと一緒に食べると不思議!一瞬でクラムと合わさって心地よい塩梅になります。

 

「うぐいす」

青えんどう豆を使った餡が入っています。断面を見るとさらっとしていますが、こし餡ではなく粒餡です。こちらは甘すぎず落ち着いた甘さ。えんどう豆のほくほくした風味が広がります。

 

「白」

中には白いんげん豆を使った粒餡が。トッピングには白ごま。口に入れると白ごまの弾ける食感の後に白餡が広がります。もったりとした餡子ですが、甘すぎず食べやすい!最後はしつこい甘さではなくすっきりとした甘い余韻が残ります。

 

150年の歴史のあるパンだから

そして、こちらのお取り寄せを楽しむ最後のポイントは・・。こちらです。

冒頭に紹介したチンドン屋が描かれた包装紙の「裏面」です!なんと、酒種あんぱんの歴史が記されています。包装紙の裏面なんて見もせず捨ててしまうことも多いはず。この時だけは裏面をじっくり眺めながら、歴史あるあんぱんを味わってみては?

木村屋総本店のお取り寄せはこちらから。

木村屋総本店
本社所在:東京都江東区有明1-6-18
銀座本店:東京都中央区銀座4-5-7 
HP
Twitter

PANPAKからのお知らせ
≫PANPAKオリジナルTシャツつくりました≪
≫Instagramでは、コンビニパン図鑑、アレンジパン図鑑連載中≪
≫Twitterでも日々パン情報発信中≪
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事

Sponsor