PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

パン・ド・ミはシルクのような魔法の食感☆世田谷区のクピド!【お取り寄せ】

DATE
2016.9.27
PANPAKからのお知らせ
 誕生まで半年「パン好きの牛乳仕込み 冷凍生食パン」いよいよ発売【PR】
#助け合いベーカリー パンを買ってパン屋さんを応援

クピド!

夏の暑さも和らぎ、シルバーウィークのお休みを楽しめた方も多いのではないでしょうか。一方、今年は9月に台風による雨風の被害が各地で起こり、農作物への影響も心配されております。様々な境遇の方がいらっしゃると思いますが、朝ごはんにいい香りのパンを頂くことができれば、また次に進む活力になるかもしれません。疲れた心をんわりと包み込むような香りと食感が特徴のパン、クピド!のパン・ド・ミを今回はご紹介します。

様々なメディアでも紹介される実力派

クピド

クピド店内にはずらりと並ぶパン。香りが今にも漂ってきそうです

世田谷区に実店舗を構えるアルチザン・ブーランジェ・クピド!さんは、シェフの東川 司さんが料理修行の為に訪れたパリでの体験がきっかけとなりオープンされたお店です。当時、働いていたレストランのパンにはまったく興味がなく、自分でパン屋に行くことすらない状態だったのにもかかわらず、ある日出会ったクロワッサンの美味しさに自分の価値観を大きく変えられてしまったそうです。こんなに美味しいものを自分で作ってみたい、という探究心は今でも変わらず、さらなる上を目指して頭をひねる日々という東川シェフ。クピド! のパンには東川シェフのこだわりがたくさんつまっています。粉を13種類以上使用されており、その粉それぞれに最も適した製法を用い、併せて酵母も選定。ドライイースト、生イーストから自家培養のサワー種・果実種・ビール種等々、様々な酵母を使い分けています。塩も海塩、岩塩とパンにより使い分けされています。こだわりのつまったパン達は雑誌やテレビ番組、ウェブのコラムなど数多くの媒体で取り上げられています。

たくさん頼んで冷凍保存がオススメ

クピド パン・ド・ミ

では早速注文していきます。ホームページのオンラインショップから、好きなパンを選択して住所やお届け希望日を入力すれば簡単に注文ができます。食パン系、ハード系などカテゴリーで分けられるパンと別に、お楽しみパンセットなるものもあります。一番少量の2,000円のセットでも、2,300円相当のパンが入るというお得なラインナップ。シンプルなパンが多いので、たくさん頼んでも冷凍保存でしばらく楽しむこともできそうです。

今回はシルクのようなきめ細かい食感が注目され、朝の情報番組スッキリ‼でも紹介されたパン・ド・ミと、ハード系からフィグのプティを注文します。注文から4日後、我が家に届きました! 段ボールのなかには大切にくるまれたパンと、材料とおすすめの食べ方が書かれてある案内が入ってます。

ふんわりシルク食感、焼いたら外はカリッ、中はしっとり

クピド パンドミ

ふかふかの羽毛のようなあたたかさと、きめ細やかなシルクのような素材感

ではまずパンをカットしていきます。パン・ド・ミはそのままかじるのに程よい厚みの6枚切に。思わず触れずにはいられない断面のきめ細やさに驚きます。

クピド いちじく

パンナイフにしっとり付くほどのやわらかいイチジクがぎっしり

フィグは少し薄めにカット。予想以上に白イチジクがたくさん入っています。イチジク自体は市販のドライイチジクよりももっと柔らかいので食べやすそうです。

それでは早速、まずは焼かずにパン・ド・ミをいただきます! 柔らかな生地が噛むごとに小麦の旨みが溶け出していくようで、甘い香りが鼻にぬけます。これは甘さ控えめのジャムが合うかも……と、取り出したのは無糖のブルーベリージャム。たっぷりつけて一緒に食べると、すこし酸味のあるブルーベリーがパンの甘みとほんのり感じる塩気を引き立てて、相性はばっちりです。次に軽くトーストして有塩のバターとさっとひと塗り。焼かない柔らかな食感とガラッと変わり、こんがりした焼き目と中で包まれたしっとりした部分に濃厚なバターが加わってデニッシュのような印象になります。とっておきのメープルシロップもかければ、なんだかデザートのようです。

次に、フィグはおすすめの食べ方の案内にポークリエットを合わせると良いと書いてあったので、それに従って食べてみましょう。そのままの生地は、ジューシーなイチジクがたっぷり入っており、ハード系のパン特有のばさばさした食感はまったくありません。ここに豚肉とハーブの旨みが乗せられると、フレンチレストランの前菜のような雰囲気に。フィグの甘みにポークリエットがピッタリ! これはワインが飲みたくなってしまいます。

小麦と酵母や塩の掛け合わせで味の探求

このやみつきになる感じはどこから来るのだろうと考えると、やはりこだわり抜いた小麦の力が大きく関係しているのでしょう。

「お客様それぞれの視点で味の探求をしながら楽しんでいただければ幸いです」という東川シェフ。小麦や酵母の違いを自分なりに感じていただく時間は、とても豊かなものではないでしょうか。

ARTISAN BOULANGER CUPIDO!
http://cupido.jp
東京都世田谷区奥沢3−45−2 1F
03−5499−1839
info@cupido.jp
パン・ド・ミ
パリで出会ったクロワッサンの衝撃的な体験から、10年経った今もなお美味しさを探求し続けるブーランジェリー。フランス産小麦と石臼挽をキーワードに作られるシンプルながら味わい深いパン。

この記事を書いた人

依田 萌
千葉県在住。夏の疲れを癒すには、美味しいパンと中煎りくらいのコーヒーで朝を始めるのが一番です。

PANPAKからのお知らせ
 誕生まで半年「パン好きの牛乳仕込み 冷凍生食パン」いよいよ発売【PR】
#助け合いベーカリー パンを買ってパン屋さんを応援
30日無料で読み放題「Kindle Unlimited」でおススメのパンの本・雑誌(10選)
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事