PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

たくみにしかわ バターラスク

マニュファクチュア(東京 浅草)下町で見つけた秘密基地のようなパン屋さん

もう使った?トーストがしなしなにならないお皿【発売中】


パンハンター じぇしかのWebメディア「パンの断面」2019年8月掲載記事からの転載です。< 元記事はこちら >

Manufacture@東京 浅草

浅草の隅田川沿いに見えてくるレンガ調のビル。
1階はテラス席もあるおしゃれな飲食店。

今回、目指すお店「マニュファクチュア」の場所は
グーグルマップを見るとこのビルを指している。

外から見るとパン屋さんの雰囲気は全くなく
思わずガラス越しに店内を覗いてしまう。
中は照明を落としたバルのような飲食店でパン屋さんではない。

違うビルだろうか?と思いビルの横の道に入る。
隣のビルに向かおうと思った瞬間、
ほんの少し先、目線を落としたところに小さな看板が。

発見、ここがマニュファクチュアの入り口である。


案内に沿ってエレベーターで上へ。
少し古めで4人乗れば狭く感じるエレベーターの先に
どんなパン屋さんがあるのか、
なんだか緊張しながら3階で降りる。

降りてすぐ、狭い通路を3mほど進むと

ぱっと視界が広がった。

マニュファクチュアは工場制手工業という意味。
まさにパン工場のような雰囲気が作り込まれている。



色鮮やかな野菜も。

パンは低めの机にずらっと並んでいる。

2種類のベーグルや

良い焼き色のクロワッサン。

ガラスの向こうはパンを作る厨房で
こちらには食パンやカンパーニュが並んでいる。

今回はハード系を購入。

クランベリー&ウォルナッツ


見た目通りハード系。
クランベリーが沢山!
しかも瑞々しい。
これに香ばしいウォルナッツが相性抜群
クランベリーの酸っぱさを優しくしている。

メープル&ピーカン


パン自体が優しいメープルの香り。
甘くて美味しい!
ピーカンナッツは小さめに沢山入っていて
どこを食べてもサクサクしている。

秘密基地を見つけたようなワクワクした気持ちに。
下町でおしゃれな大人向けなパンを楽しむならここ。

Manufacture(マニュファクチュア)について

住所:東京都台東区花川戸1-11-1 あゆみビル3F
電話番号:03-5830-3377
営業時間:10:00~18:00
定休日:月曜日
https://manufacture-asakusa.com/

< 元記事を読む >

この記事を書いた人

じぇしか/パンハンター Twitter: @je_si_ka_
パン屋さんを見つけたら素通りできない無類のパン好き。食べるのも好きだけどパンの断面を眺めるのが至福。夢は作り手と食べ手が一緒になって、笑顔でパンを囲む場所をつくること。愛してやまないパンの断面は〈パンの断面図鑑〉 https://www.instagram.com/panno_danmen

PANPAKからのお知らせ
≫PANPAKオリジナルTシャツつくりました≪
≫Instagramでは、コンビニパン図鑑、アレンジパン図鑑連載中≪
≫Twitterでも日々パン情報発信中≪
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事