PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

たくみにしかわ バターラスク

【銀座】ダウンタウンの浜ちゃんも大絶賛のタマゴカツサンド! 銀座サンド|片山智香子@旅するパンマニア

もう使った?トーストがしなしなにならないお皿【発売中】


パンマニア・片山智香子の「旅するパンマニア」2019年8月掲載記事からの転載です。< 元記事はこちら >

旅するパンマニア 片山智香子です

銀座7丁目にある「銀座サンド」はタマゴカツサンド(900円)が有名。実はこのサンドイッチ、大阪の北新地にある北新地サンドでかなり人気があるということで大阪にいくたびにトライしようとずっと思っていて、ただ、17時や18時とオープンの時間が遅いのでなかなかタイミングあわず食べれていなかったんですよ。

ダウンタウンの浜ちゃんもMBSテレビ「ごぶごぶ」でも絶賛していて、そちらの映像をみてはさらに食べたくなり、いつになったら食べることできるかなーと思っていたのですが、2019年2月4日に銀座7丁目に「銀座サンド」としてオープンしたのですよ!!あっ、でも、これまたオープンが17時からなので、行きたい!と思いつつ行けていなかったのですが、銀座に夜予定がある日があったので、ついに!念願の!銀座サンドに行ってきました。

大阪・東心斎橋の完全会員制「BAR R」で名物メニューとして生まれた塩カツサンドを主体にして「心斎橋サンド」「北新地サンド」は営業しているそう。(そうなんですよー。今回の目的はタマゴカツサンドだったのだけれど、塩カツサンドってどんな感じなんだろう?って気になったんですよねー)その後、2013年に開発したタマゴカツサンドが一気に人気商品になったそうで。


普通の玉子サンドと何が違うのか?「カツ」と入っている通り、はさんでいる玉子は揚げられているんです。普通のゆで卵をクラッシュした玉子サンドはマヨネーズとあえられた状態でサンドされると思うのですがこちらは、揚げられているので外はさっくりした食感もありつつ、中の黄味が程よい弾力、食感を残しつつも、たっぷりのマヨネーズでじゅわりと口内で和えられるというか。うーん、表現が難しいのですが、初めての味わいでしたね。

大きさは手のひらサイズで、6等分にカットされたサンドが立派な箱に入っていて、手土産にぴったり。

すぐ食べるのであれば、その場で作ってくれるので熱々のものを食べることができるのですが、私は購入後予定があったので既に荒熱がとれているものに。スタッフの方曰く、保存するなら冷蔵で。20秒チンすれば、美味しさが復活しますよ!とのことだったので、レンチン20秒したら、本当!ほんのりあたたかく、タマゴカツサンドの旨味がじゅわりと復活して美味しく頂きました。

上の写真↑は、せっかくなので銀座っぽいところで入れてくれた紙袋をパシャリ。箱も袋も小洒落てます☆

銀座サンドについて

住所:東京都中央区銀座7-6-4フィーラ銀座ビル1F
電話番号:03-6263-8290
営業時間:17:00~翌4:00
定休日:日曜日・祝日

< 元記事を読む >

この記事を書いた人

片山智香子@旅するパンマニア Twitter: @katayamachikako
1万個以上のパンを食べ歩いたパンマニア・片山智香子が国内・海外のパンを求めて旅をする!【国内】都内近郊、北海道、名古屋、京都、大阪、愛媛、福岡、沖縄【海外】台湾、ベトナム、ハワイ、シンガポール、オーストラリア。バインミーマニアとしても活動中!
メディア出演など実績はこちら⇒ https://panyameguri.jimdo.com/

PANPAKからのお知らせ
≫PANPAKオリジナルTシャツつくりました≪
≫Instagramでは、コンビニパン図鑑、アレンジパン図鑑連載中≪
≫Twitterでも日々パン情報発信中≪
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事