PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

たくみにしかわ バターラスク

トーチドットベーカリー大森(東京 大森)可愛いディスプレイは注目必須!|パンハンター じぇしかのパンの旅

ラスク専用のフランスパンで作る「たくみにしかわ」の最高級バターラスク【PR】


パンハンター じぇしかのWebメディア「パンの断面」2019年8月掲載記事からの転載です。< 元記事はこちら >

Torch.bakery大森@東京 大森

蒲田に本店を構えるトーチドットベーカリー。
2号店はここ、大森駅から徒歩7分ほどのところにある。

大森駅は品川や蒲田といった東京の中でもビックターミナルに近いにもかかわらず
昔ながらの商店街が残る貴重な街である。

駅の改札前は駅ビル直結で都心の雰囲気を感じるが、

駅前の階段を下り大通りに出ると奥には緑が生い茂り、

さらに進むとアーケードが連なる商店街が見えてくる。

七夕の時のような風でなびく飾りや、流れてくる音楽が
田舎の商店街みたいでなんだか懐かしい。

商店街をまっすぐ進むとお店が見えてくる。

可愛らしい「cafe」の看板が目印。

店内に入ると左側に手前から奥に向かってずらっとパンが並び
右側に机と椅子。カフェスペースになっている。


どのパンにしようかなぁ・・とゆっくり店内を見渡す。

食パンの種類が豊富でチーズやレーズンがはいったものも。

チョコ系も充実していて甘党にはたまらない!
パンオショコラヴァローナ、ショコラブルー。

シンプルなバケットやデニッシュももちろん並んでいる。

パンも魅力的だがテンションが上がったのはディスプレイの可愛さ!
雑誌のきりばりを集めたかのようなカラフルな壁、
落書きのみたいに白いペンで描かれたイラストが目立つ棚、
その上にはパンを並べるかごやカッティングボード。


そんな素敵なお店で購入したのはコチラ。

花見糖とレーズンのバケット


かりっもちっのバケットの中に沢山のレーズンが!
レーズンは瑞々しくて口に入れると果汁が飛び出す。

表面にはサトウキビから作られた花見糖が染み込んでいる。
これがかりっとしていて食感が楽しく、濃ゆい甘さが美味しい。

ホワイトチョコとマカダミア


マカダミアナッツが贅沢にゴロゴロ入っていて
とても香ばしい。
ホワイトチョコは生地にしみこんでいて
噛み締めるとじゅわっと甘さが広がる。
香ばしさと甘さが交互にバランスよく味わえる。

お店に行ったらディスプレイにも注目必須。
次はカフェスペースで、おしゃれな空間を楽しみながら
パンを頬張りたい。

Torch.bakery大森(トーチドットベーカリー大森)について

住所:東京都大田区山王三丁目28-3
電話番号:03-6809-9055
営業時間:10:00~19:00
定休日:月曜日
http://www.torch.company/

< 元記事を読む >

この記事を書いた人

じぇしか/パンハンター Twitter: @je_si_ka_
パン屋さんを見つけたら素通りできない無類のパン好き。食べるのも好きだけどパンの断面を眺めるのが至福。夢は作り手と食べ手が一緒になって、笑顔でパンを囲む場所をつくること。愛してやまないパンの断面は〈パンの断面図鑑〉 https://www.instagram.com/panno_danmen

PANPAKからのお知らせ
≫PANPAKオリジナルTシャツつくりました≪
≫Instagramでは、コンビニパン図鑑、アレンジパン図鑑連載中≪
≫Twitterでも日々パン情報発信中≪
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事

Sponsor