PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

たくみにしかわ バターラスク

にちりん製パン(神奈川 北鎌倉)キュートな「はりねずみ」に一目ぼれ!小麦の奥深さを味わえるパン屋さん|パンハンター じぇしかのパンの旅

ラスク専用のフランスパンで作る「たくみにしかわ」の最高級バターラスク【PR】


パンハンター じぇしかのWebメディア「パンの断面」2019年8月掲載記事からの転載です。< 元記事はこちら >

にちりん製パン@神奈川 北鎌倉

北鎌倉から歩いて4分ほど、
大通りに沿ってまっすぐまっすぐ歩く。
「にちりん製パン」と大きな看板が掲げられているので
ここだとすぐわかる。

お店自体はとても小さく、間口も狭い。
目立つ看板がなかったら通り過ぎてしまうだろう、
そんなことをふと思う、こじんまりとしたお店である。

ガラガラと戸を横にひくと
すぐ目の前にパンが並んでいる。
店内は2人入れば窮屈で、パンとの距離がとても近い。
田舎の野菜直売所のように木製の箱やカゴの中に
パンが丁寧に並べられていてなんだかほっこりする。


派手な色のパンは一切なく、どれも素朴な色をしている。


購入したのはこちら。

はりねずみ


見た目がとてもキュート!
こっちを向いている姿に一目ぼれをして購入。

まず食感にびっくり。
しっかりした食感なのに口の中で徐々に
ほろほろ溶けていく不思議な感じ。
小麦の味がダイレクトに伝わってくる。
中にはホワイトチョコとナッツが入っている。
チョコの甘さとナッツの香ばしさは控え目で
全体的に優しい口当たりのパン。

秋田味噌のパン


赤味噌と酒粕が練り込まれたパン。
そこまで味噌の味はしないかな、と思いながら食べ進めると
噛み締めるほどに奥のほうから味噌の香ばしさと
塩っけがじゅわじゅわ広がる。

拘りある、小麦の深みを味わえるパンが並ぶお店。
鎌倉観光の際には必ず立ち寄りたい。

にちりん製パンについて

住所:神奈川県鎌倉市山ノ内1388
電話番号:0467-67-3187
営業時間:10:30~17:00
定休日:木曜日、金曜日
http://r.goope.jp/nichirinseipan

< 元記事を読む >

この記事を書いた人

じぇしか/パンハンター Twitter: @je_si_ka_
パン屋さんを見つけたら素通りできない無類のパン好き。食べるのも好きだけどパンの断面を眺めるのが至福。夢は作り手と食べ手が一緒になって、笑顔でパンを囲む場所をつくること。愛してやまないパンの断面は〈パンの断面図鑑〉 https://www.instagram.com/panno_danmen

PANPAKからのお知らせ
≫PANPAKオリジナルTシャツつくりました≪
≫Instagramでは、コンビニパン図鑑、アレンジパン図鑑連載中≪
≫Twitterでも日々パン情報発信中≪
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事

Sponsor