PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

たくみにしかわ バターラスク

ブランジュリピーアンドビー(大阪 西大橋)早い時間に来店を!スパイスを使った癖になるパン

もう使った?トーストがしなしなにならないお皿【発売中】


パンハンター じぇしかのWebメディア「パンの断面」2019年7月掲載記事からの転載です。< 元記事はこちら >

Boulangerie P&B@大阪 西大橋

道と道が交差する角にあるこちらのお店は
えんじ色のドア枠がフランスの小道に潜むお店のような
雰囲気がある佇まい。
外からは中の様子が良く見えず目立つのはOPENの赤い看板。

店内に入ろうとお店に近づくと2枚の張り紙が。

「本日のバケットは完売しました」
「本日の食パンは完売しました」

お店に到着したのは土曜日の13時ごろ。
もう品数は少ないかなぁという諦め半分な思いで
ドアをゆっくり押し中に入る。

入ってびっくり、店内はとてもコンパクト。
ドアを開けてすぐにパンが並ぶ商品棚。
1人入ればいっぱいで歩かずとも並ぶパンすべてを見渡せる。
厨房はその向こう側で大きなオーブンとの距離が近い。
売り場と厨房が同じ空間にあり、
パンが出来上がる熱気がダイレクトに空気と一緒に流れてくる。

毎日売り切れるの早いんですか?とお伺いすると
土日は午前中でほとんど売り切れちゃうんです、と。
そして、
見るだけでも構いませんよ!少ないので無理に買わなくても大丈夫ですから、
と優しいお言葉。


残っていた10種類ほどのパンの中でも惹かれるものがあり
購入を即決。

選んだのはこちら。

ペコリーノロマーノ&デュカ


商品名を読んだだけでは何のパンだかわからず・・。
プライスカードの説明文を読むと
ペコリーノロマーノは羊の乳を使ったチーズで
デュカは中東のスパイスとのこと。
食べてみるとチーズはしつこくなくほんのり。
ペコリーノロマーノという名前から
なぜだかこってりしたチーズを連想していたが
そんなことはなくさっぱりしていて食べやすい。
デュカはハーブのようで爽やか。
これがナッツとよく合う。
オリーブオイルや塩を付けて食べるのが美味しい。

クミンチーズ


クミンがとてもスパイシー!
少し感じる苦辛味がカレーみたいで
チーズとの相性抜群。
食感はもっちりでぷるっとした水分を感じる。

お酒に合いそうな他では出会えない
癖になるパンが魅力的。
午前中、早い時間の来店がおすすめ。

Boulangerie P&B(ブランジュリピーアンドビー)について

住所:大阪府大阪市西区北堀江2-6-15 winビル 1F
電話番号:06-6534-2601
営業時間:11:30~18:30(土曜日 11:30~16:00)
定休日:日曜日、月曜日
https://tabelog.com/osaka/A2701/A270105/27010111/

< 元記事を読む >

この記事を書いた人

じぇしか/パンハンター Twitter: @je_si_ka_
パン屋さんを見つけたら素通りできない無類のパン好き。食べるのも好きだけどパンの断面を眺めるのが至福。夢は作り手と食べ手が一緒になって、笑顔でパンを囲む場所をつくること。愛してやまないパンの断面は〈パンの断面図鑑〉 https://www.instagram.com/panno_danmen

PANPAKからのお知らせ
≫PANPAKオリジナルTシャツつくりました≪
≫Instagramでは、コンビニパン図鑑、アレンジパン図鑑連載中≪
≫Twitterでも日々パン情報発信中≪
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事