PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

たくみにしかわ バターラスク

【バインミーマニア⑯】大久保 BAMI OISHI|片山智香子@旅するパンマニア

もう使った?トーストがしなしなにならないお皿【発売中】


パンマニア・片山智香子の「旅するパンマニア」2019年7月掲載記事からの転載です。< 元記事はこちら >

旅するパンマニア 片山智香子です

Thao’sバインミーの小坂さんがオススメしてくれたBAMI OISHI。以前来たことがあると思っていたのですが、実際に行ってみると初めて見る風景だったので、行ったつもりになっていたバインミー屋さん(笑)

JR総武線の大久保駅からだと徒歩1分程度と激近なのですが、横浜在住、品川で山手線に乗り換えないと新宿方面には来れないので、新大久保で下車して歩きました。まぁ、新大久保と大久保は直線だし300mと近いので5分もあればついちゃいます。総武線の線路沿い歩くとすぐに赤い看板、黄色い縁が見えてくるのですぐに分かるかと。

バインミー専門店なのに、タピオカが余裕で売っていたのには笑いました。そして買いそうになっちゃいましたが(笑)バインミーそのものを堪能したかったのでこの日は購入せず。

私が行った時には先客がいて、多分、ベトナム人。店員さんもベトナムの方だったので、色々質問してみたのだけれど、イマイチ返答がなくて(笑)でも一つだけ確実に教えてくれたのは、一番人気は「たっぷり」というメニュー名のバインミー。

豚肉と鶏肉がダブルで入っているそう。でも、メニュー名「たっぷり」って(笑)


パンを専用グリルのようなものでリトーストしたら、最初にぬってたのは卵なのかな?(それを確認したくて聞いたのだけれど、完全にスルーされてしまった。多分、日本語が通じなかった)それに玉子焼き、キュウリ、なます、パクチー、豚肉、鶏肉、チリソースにパクチー。お肉はパン全体に両方入っているというよりはパンの半分はチキン、半分はポークって感じ。特にチキンの方はテリヤキっぽい味がして、玉子焼きが入ることにより、全体が優しくまろやかな味でした。個人的にはもっと辛くても良いかなと。多分、辛めにして!とお願いしたら、もっと辛くなるような気がします。

特にイートインスペースが別途あるワケではなく、もしテイクアウトしないのならば、カウンターに椅子があるので、そこで食べてもいいよというスタイル。ちなみにテイクアウトの紙はこんな↑感じで袋に入れたまま食べれます。(高座渋谷のバインミーヴィエも同じように袋タイプ)

バインミーマニア⑯まで食べてきて思うけれど、バインミーに入っているナマスはそんなに酢が主張していないものが多いですね。

BAMI OISHIについて

住所:東京都新宿区百人町2-23-5
電話番号:080-6734-1368
営業時間:11:00~22:00
定休日:年中無休

< 元記事を読む >

この記事を書いた人

片山智香子@旅するパンマニア Twitter: @katayamachikako
1万個以上のパンを食べ歩いたパンマニア・片山智香子が国内・海外のパンを求めて旅をする!【国内】都内近郊、北海道、名古屋、京都、大阪、愛媛、福岡、沖縄【海外】台湾、ベトナム、ハワイ、シンガポール、オーストラリア。バインミーマニアとしても活動中!
メディア出演など実績はこちら⇒ https://panyameguri.jimdo.com/

PANPAKからのお知らせ
≫PANPAKオリジナルTシャツつくりました≪
≫Instagramでは、コンビニパン図鑑、アレンジパン図鑑連載中≪
≫Twitterでも日々パン情報発信中≪
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事