PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

たくみにしかわ バターラスク

パンドゥジュール(福岡 博多南)ハード系充実!上品な雰囲気のパン屋さん|パンハンター じぇしかのパンの旅

もう使った?トーストがしなしなにならないお皿【発売中】


パンハンター じぇしかのWebメディア「パンの断面」2019年7月掲載記事からの転載です。< 元記事はこちら >

Pain du jour@福岡 博多南

博多南線の博多南駅にあるお店。
福岡の中心地、博多駅から少し外れた博多南エリアだが、
ハード系中心のラインナップと聞き、
足を延ばしてでも行ってみたいと思っていたお店。

この日は博多駅から向かった。
改札に到着してびっくり、なんと博多南線は新幹線車両。
元々、博多駅から博多南駅間は
博多駅を終着で営業を終えた新幹線が車庫に向かうための回送線。
福岡市中心部への交通の便が悪かった車庫周辺住民の声からできたのが
現在の博多南線とのこと。

通常の新幹線と同じように乗車券と特急乗車券をセットで発券し電車に乗る。
片道300円でリッチな気分を味わって
あっという間に博多南駅に到着。

改札を出て道に沿って歩くとすぐ、青い看板が見えてきたら
パンドゥジュールである。

お店に入ると上品な雰囲気で
パン1つ1つがゆとりをもって並べられている。

こげ茶色の棚、黒い網のバスケット、
紺色のポップ、全体的に大人な雰囲気。
聞いていたとおりハード系のラインナップが充実していてテンションがあがる。


ハード系だけではない。
まるっといい焼き色の塩パン。

冷蔵コーナーにはサンドも!
ラム酒入り生クリームとラム酒に漬けたレーズンがサンドされた
ラムレーズンサンド。

今回はハード系に狙いを定めてこちらの2品を購入。

キャラメルナッツ


むっちり生地にキャラメリゼした大きいナッツが沢山入っている。
キャラメルが染み込んだ部分を噛み締めると
じゅわっと苦甘さが広がり美味しい。
キャラメルはきつすぎず甘すぎずで食べやすい。

玄米ほうじ茶リュスティック


水分たっぷりで弾力があるパン。
ほうじ茶が香り高く口から鼻に香ばしさが突き抜ける。
ところどころお米の食感も残っていてむっちり甘い。
お茶にあわせて食べたいパン。

日中は1時間に1本しか電車が停車しない博多南駅。
ハードパン好きなら時間をかけてでも行きたいお店。

Pain du jour(パンドゥジュール)について

住所:福岡県筑紫郡那珂川町中原2-52-7
電話番号:092-952-0888
営業時間:9:00~19:30(日祝:9:00~18:00)
定休日:月曜日・火曜日
https://www.facebook.com/paindujour2016/

< 元記事を読む >

この記事を書いた人

じぇしか/パンハンター Twitter: @je_si_ka_
パン屋さんを見つけたら素通りできない無類のパン好き。食べるのも好きだけどパンの断面を眺めるのが至福。夢は作り手と食べ手が一緒になって、笑顔でパンを囲む場所をつくること。愛してやまないパンの断面は〈パンの断面図鑑〉 https://www.instagram.com/panno_danmen

PANPAKからのお知らせ
≫PANPAKオリジナルTシャツつくりました≪
≫Instagramでは、コンビニパン図鑑、アレンジパン図鑑連載中≪
≫Twitterでも日々パン情報発信中≪
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事