PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

たくみにしかわ バターラスク

あのSNS映えする「青い富士山カレー」がカレーパンになって登場!「道の駅富士川」限定で7/13より販売開始

DATE
2019.7.10
もう使った?トーストがしなしなにならないお皿【発売中】

ネットで今だ話題のあの人気カレー、”青いカレー”を使ったパン、「青い富士山カレーパン」が7月13日(土)から、「道の駅富士川」で1日限定10個販売されます。年間3,000個が目標で、今後は辛口の赤い富士山カレーパンも商品化検討中なんだとか!

「青い富士山カレー」とは、青色のカレールーを富士山を形どったご飯の山肌に流しかけ、細かく刻んだピクルスで富士の樹海を、カリカリに揚げたフライドオニオンで溶岩を表現した、見た目がまるで本物の富士山のようだと話題のカレー。
SNS映えすることもあり、ネットで話題になっているこの人気レトルトカレー商品をさらに多くの方に試していただきたいと思いから、今度はそのカレーをパンの中にいれたカレーパンとして企画し販売することになったそうです。

そんなカレーを使用した”青い富士山カレーパン®”はカレーが青いだけでなく、周りのパンも青くすることにより富士山カレーをそのまま再現したカレーパンになっています。カレーパンでは山頂の雪の白い部分はココナッツフレークで再現! ココナッツは青い富士山カレーのカレールーにも使われており、カレーとパンとの相性は抜群。

さらにパン生地には、青い富士山カレーの味わいもより近付けるために米粉を入れ、カレーとパン生地のバランス・相性を考え製造されているそうです。

富士山の形やコスト面、ルー粘度の調整など、開発当初解決すべき問題点も「ゆあーずあんどゆうず」のパン製造技能士さんの技術力を駆使し一つずつ解決していき、この度商品化に至った”青い富士山カレーパン®”、1日限定10個とかなりレアな商品ですがぜひ食べてみたいですね!

商品詳細

商品名:青い富士山カレーパン®
販売価格:450円(税込)/個
販売開始日:2019年7月13日(土)道の駅富士川“5周年記念イベント”
※イベントは3日間開催
販売数:イベント終了後は限定10個/日(イベント開催中は生産を増量しますがなくなり次第終了)
賞味期限:製造より3日
販売箇所:道の駅富士川

道の駅富士川について

住所:〒400-0501
山梨県南巨摩郡富士川町青柳町1655-3
電話番号:0556-48-8700
http://www.michinoeki-fujikawa.jp/

富士山プロダクトについて
住所:〒400-0046 山梨県甲府市下石田2-10-6
電話番号:055-298-6066
https://www.fujisan-p.com/

PANPAKからのお知らせ
≫PANPAKオリジナルTシャツつくりました≪
≫Instagramでは、コンビニパン図鑑、アレンジパン図鑑連載中≪
≫Twitterでも日々パン情報発信中≪
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事