PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

今年の夏はパン飲み!ワインのお供にパンはいかが?

DATE
2019.6.12
InstagramでもPANPAKをどうぞ【PR】

最近話題の「パン飲み」をご存知でしょうか?
「パン飲み」とは、パンをおつまみにお酒を飲むこと。パンと言えば朝食やランチのイメージですが、最近では夜にお酒とともにパンを食べる人が増えているんです。

そんな流れもあり、ベーカリーからはお酒に合うパンが続々登場。
大丸東京店内のベーカリーでは、この時期に飲みたい冷えたワインにピッタリのパンが取り揃えられています。

カーラ・アウレリアの「オリーブブラン・プチ」は、オリーブとパルミジャーノチーズの塩気が後を引くブランブレッド。オリーブが贅沢に入った見た目はつい手にとってしまいそう。

また「カンパーニュ・マルゲリータ」も人気。もちもちのカンパーニュ生地にモッツァレラ、ドライトマト、生バジルを練りこんだ一品です。噛み応えのある食事パンはパン飲みに欠かせません。

同じくカーラ・アウレリアの「プレミアムラムレーズンブール」もおすすめ。白ワインと黒砂糖で煮込んだレーズンを、さらにマイヤーズラム酒で漬け込んだラムレーズンがふんだんに入っています。上品なラム酒の香りがまさに“大人のパン”です。

ポール・ボキューズからは「過激なチーズフランス」が登場。5種類ものチーズを混ぜ込んだフランスパンです。

また「カマンベール・ポテト」はコンソメ風ポテトとカマンベール入りチーズの塩気がワインに持ってこいの一品。チーズ入りのパンはパン飲みにおすすめです。

銀座 木村家の「とろ~りチーズのパン」は、ワインに合うチーズがとろ〜り状態で楽しめます。チーズ好きにはたまらないですね。

メゾンカイザーでは「イチジクのパン」が人気。イチジクの甘酸っぱさが生ハムやチーズ・肉料理との相性抜群です。

どのパンもキンキンに冷えた白ワインを引き立たせる技ありの品ばかり。
今年の夏は、冷えたワインでお家パン飲みを体験してみてはいかがでしょうか?新しいライフスタイルになるかもしれません。

PANPAKからのお知らせ
≫パン事業者の皆様の情報発信を支援する「パンの広報室」始めました≪
≫Instagramでは、コンビニパン図鑑、アレンジパン図鑑連載中≪
≫Twitterでも日々パン情報発信中≪
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事