PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

人気ベーカリーから初夏のカレーパン続々登場!

DATE
2019.6.12
InstagramでもPANPAKをどうぞ【PR】

暑い時期になると、ピリッとした刺激を求めて食べたくなるカレーパン。サクッと食感とカレーの辛さがやみつきになりますよね。

大丸東京店には5店舗のベーカリーがあり、各店こだわりのカレーパンを提供しています。また、夏の訪れに合わせてお惣菜売り場でもカレーを使った商品が続々登場。新作を含めてさまざまなカレーパンが揃いました。

銀座 木村屋では、「銀座手包みビーフカレー(ほぐし牛肉)」が定番。
スパイスと肉の旨味、野菜の甘みが調和したビーフカレーに、ほぐし牛肉が加わりさらに味わい深く仕上がっています。甘口なのでお子さんでもおいしく食べられそうです。

また「とろけるカレーナン」も人気です。ソフトフランス生地の中にピリ辛のとろけるカレーを包んで焼き上げたナン風の一品。普通のカレーパンとは一味違い、白焼きで仕上げてあるのでぺろりと食べられます。

ポール・ボキューズでは、今回新商品「プレミアム熟成ビーフカレー」が登場。
フォカッチャ生地で特製の熟成ビーフカレーフィリングを包んだプレミアムなカレーパンです。

すでに人気なのは「とろりチーズの焼き野菜カレーパン」。ソフトフランス生地に辛口カレーとチーズソースを包み、焼き野菜をトッピング。チーズと焼き野菜がアクセントとなり、他にはない一品です。

カーラ・アウレリアは、「匠のビーフカレーパン」を提供中。
フランスパン生地にビーフカレーをたっぷり包み、焼き上げたあとに表面にラードを塗ることで“揚げ風”に仕上げています。

とんかつ まい泉は「ポケットサンド」を限定で販売しています。あのまい泉が作るメンチカツと目玉焼きに、カレーソースを加えてサンドに。どこでも食べられるのがうれしいですね。

どの商品もこれからの時期に食べたいものばかり。
カレーパンと一口に言ってもさまざまなタイプがありますよね。この夏はカレーパンの食べ比べをしてみるのもいいかもしれません。
ぜひ、大丸東京店に訪れた際はカレーパンを探してみてくださいね。

PANPAKからのお知らせ
≫パン事業者の皆様の情報発信を支援する「パンの広報室」始めました≪
≫Instagramでは、コンビニパン図鑑、アレンジパン図鑑連載中≪
≫Twitterでも日々パン情報発信中≪
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事