PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

たくみにしかわ バターラスク

SURIPU(愛知 名古屋)|パンハンター じぇしかのパンの旅

もう使った?トーストがしなしなにならないお皿【発売中】


パンハンター じぇしかのWebメディア「パンの断面」2018年11月掲載記事からの転載です。< 元記事はこちら >

SURIPU@愛知 名古屋

駅から徒歩2分の立地にあるお店。

とてもアクセスが良いけれど、

ナチュラルなお店の外観で知らなければ通り過ぎてしまいそう。

はげかかった木材の看板がまたおしゃれ。

店内に入ると縦長に通路がのび、

入ってすぐの左側にドリンクメニューが掛けられている。

いらっしゃいませという声とショーケース内に並べられた

パンに導かれながら前に進む。

対面で店員さんにオーダーする方式。

パンはケースの中で高く積み上げられていて

お店の外観と同じく飾り気がないナチュラルな感じが

パンの雰囲気を引き立てている。

棚の奥に並ぶ食パンや大きいパンにも目が釘付け。

大きいごろっとしたパン。

こっちを向いている断面。

豆ロック

今回はネーミングから心奪われたこちら、豆ロック。

ふわっとした山なりの形。

緑の生地は抹茶かな、焼き色と渋めの緑色が

期待値を上げる。

断面を見ると豆が大きい!

ワクワクしながらかみしめると

豆はほくっとしていて豆の感触がしっかり口の中に残る。

豆そのものが全く潰れていなくて、

存在が生地に負けていなくて、生地と豆の黄金バランス。

次はハード系のパンも購入したい。

SURIPUについて

住所:名古屋市中区千代田2丁目16-20安井ビル1階
電話:052-263-3371
営業時間:8:00~19:00
定休日:月、火曜日
https://crmcn1.wixsite.com/suripu3/

< 元記事を読む >

この記事を書いた人

じぇしか/パンハンター Twitter: @je_si_ka_
パン屋さんを見つけたら素通りできない無類のパン好き。食べるのも好きだけどパンの断面を眺めるのが至福。夢は作り手と食べ手が一緒になって、笑顔でパンを囲む場所をつくること。愛してやまないパンの断面は〈パンの断面図鑑〉 https://www.instagram.com/panno_danmen

PANPAKからのお知らせ
≫PANPAKオリジナルTシャツつくりました≪
≫Instagramでは、コンビニパン図鑑、アレンジパン図鑑連載中≪
≫Twitterでも日々パン情報発信中≪
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事