PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

3ft(和歌山) ハードなのにみずみずしい、不思議なパン|パンハンター じぇしかのパンの旅

InstagramでもPANPAKをどうぞ【PR】


パンハンター じぇしかのWebメディア「パンの断面」2018年11月掲載記事からの転載です。< 元記事はこちら >

3ft@和歌山

インスタグラムでパンの写真をみてから
ずっと行ってみたいと思っていたお店。
訪れた人は「まるで美術館」と表現するほど
お店もパンも美術品の様に美しい。

パンはホームページから予約ができる。
専用ページにはパンの名前がずらっと並び
そこから欲しいパンを選択するのだが、
パンの名前を見た時点でもうワクワクする。

「たわわ」「カレーさん」「瑞々しい」

音の響きが心地よくてどんなパンなのか妄想が膨らむ。

電車で行くにはどの駅からも遠く、
アクセスはバスか車。
和歌山駅からバスに乗り向かうは堀切バス停。
お店はバス停から徒歩2分の場所にある。

お店の外観から「まるで美術館」といわれる理由が分かった。

コンクリート打ちっぱなしのシンプルなつくりに
控え目に描かれたお店の看板。
着飾っていないのに雰囲気があって
そこだけ別世界の様。

中に入ると、優しい「いらっしゃいませ」の声と
たたずむパンに迎えられる。
見られるために作られたと言わんばかりに
すまし顔で並んでいる。

コンクリート造りの淡泊なお店に、お店のご夫婦の優しい雰囲気が映えていて
それさえも計算されお店が作られている様な気がした。




どのパンも表面から今にも瑞々しさが零れ落ちそうで。
食べる前からじゅーっとうまみが口の中に広がることが想像できるくらい。



瑞々しい

名前の通り「みずみずしい」。
弾力があり跳ね返ってくる。
驚異的な柔らかさ。
にもかかわらず軽くはなく重みもしっかりあって
ぽよんと音がしそう。
噛んでは口の中で反発してくる様な。
目をつぶって食べるとオリーブオイルがほのかに香る。

オタム

ほうじ茶、りんご、かぼちゃの種、白ごま、ホワイトチョコ
の組み合わせ。
じゅわっと水分とうまみが染み出てくる。
噛み締めると生地の水分感とりんごのジューシー感が
ぶわっと広がる。

ハードパンかと思いきや
水分たっぷりの今までに味わったことのないパン。
不思議なパンに出会えるお店。

3ftについて

住所:和歌山県和歌山市堀止西2-1-1
電話:073-426-8089​
営業時間:9:30~15:00
定休日:木曜日
https://www.3ft.site/

< 元記事を読む >

この記事を書いた人

じぇしか/パンハンター Twitter: @je_si_ka_
パン屋さんを見つけたら素通りできない無類のパン好き。食べるのも好きだけどパンの断面を眺めるのが至福。夢は作り手と食べ手が一緒になって、笑顔でパンを囲む場所をつくること。愛してやまないパンの断面は〈パンの断面図鑑〉 https://www.instagram.com/panno_danmen

PANPAKからのお知らせ
≫パン事業者の皆様の情報発信を支援する「パンの広報室」始めました≪
≫Instagramでは、コンビニパン図鑑、アレンジパン図鑑連載中≪
≫Twitterでも日々パン情報発信中≪
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事