PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

たくみにしかわ バターラスク

幻の小麦「はるゆたか」を使ったトースト用食パン、たくみにしかわの「極みゆたか 食パン」【お取り寄せ】

DATE
2019.5.21
もう使った?トーストがしなしなにならないお皿【発売中】

PANPAKでも、自社牧場の牛乳とバターを使った人気のバターラスクを過去に紹介した「たくみにしかわ」さん。
新しく、食パンのネット通販を開始したというので、早速お取り寄せしてみました。

「たくみにしかわ」はニシカワパンのプレミアムブランド

「たくみにしかわ」というブランドは聞き馴染みがなくても、「ニシカワパン」という名前は知っている方も多いかもしれません。
兵庫県・加古川に拠点を持つ歴史のあるパン屋さんで、有名地元パンの一つ。

東京では、バゲットが有名なVIRONや、高級食パンブームの先駆けとなったセントル・ザ・ベーカリーの母体の会社という方がピンと来る方が多いでしょうか。
「たくみにしかわ」はそんなニシカワパンの新しいブランドです。

注文は、インターネットから

たくみにしかわ「極みゆたか食パン」の注文は、インターネットで購入できます。
毎週水曜日までの注文を、金曜日に焼きあがるスタイル。
すぐ売り切れますので、早めに注文したほうがいいかもしれません。

金額は、一個1.6斤で900円。
スーパーの食パンと比べるとかなり高価ですが、最近の高級食パンの中では、相場といったところでしょうか。

金曜日に焼きあがった食パンが土曜日に到着

通常は、金曜日に焼きあがったパンが土曜日に到着。
※今回は、土曜日に受け取りができなかったので、月曜日に到着となりました。

外箱には、たくみにしかわさんから、配達担当者の方へのメッセージが。こういった配慮が嬉しいですよね。

では早速、開けていきたいと思います。

外箱を空けると、最初に現れるのが、オリジナルの手提げ袋。
これなら、自分用だけでなく、贈答用にも使えそうです。

手提げ袋の下には、配送伝票。「極みゆたか 食パン」はまだ見えてきません。

配送伝票を取ると、見えてきました!
梱包がしっかりしています。

ついにご対面!

食パンのしっとり感が外からでも十分わかります。
工場から焼きたての状態で、水分を保ったままの状態で届いているんですね。

さて、期待して箱から出したいと思います。

質感があって、高級食パン!

箱から出した様子。
持った印象は、ふわふわ。食パンなのに、ずっしりとしています。

重さを量ってみると、約600g!

同梱されていたクラフト紙の袋と並べてみると、こんな感じ。
贈り物にもよさそうです。

原材料は、小麦粉、砂糖、バター、ショートニング、脱脂粉乳、発酵風味料、食塩、パン酵母、ホエイパウダー(乳製品)、(一部に小麦・乳成分を含む)
とのこと。乳化剤やイーストフードなどは入っていません。

開封そしてトーストへ

袋から取り出したものがこちら。「はるゆたか」小麦のいい匂いが立ち込めます。
袋から取り出す前に、一度、袋をクンクンして風味を楽しむのもおススメです。ほのかな酸味がいいアクセントになっています。

では、トーストで食べるために、1食分に切っていきましょう。

この食パンは、厚みを持たせて食べたほうがよさそう。
今回は、3センチほどの厚みにすることにしました。
この「極みゆたか 食パン」は、パンの耳も美味しいので耳を切り落とすことはしないで一緒に食べられるようなのですが、耳は次回にして今回は中程をいただきます。

トーストする前の表面はこちら。この時点でつまみ食いしたんですが、生のままでも全然美味しい!
トースト専用とはいえ、生の状態でも楽しんでおいた方がいいですよ(笑)

では、トーストにして実食

今回は、バターたっぷりトーストで楽しみたいと思います。
厚めに切った食パンを、井の形に切れ目を入れて、その間にバターを挟みます。

そのまま、3分程度トーストします。

焼けた様子がこちら。いい感じじゃないでしょうか。

いよいよ実食。
食感はしっかりしているのに、口当たりがなめらか。
全体的に甘みがあってもっちりしています。

しつこさがなく、押しつけがましい感じがないので、飽きがこなさそう。
これなら、毎日食べたくなるなと思いました。

余計な主張をする食材を選んでいないのがよくわかるので、バターにもこだわって、いろんなバターと一緒に食べてみたい食パンでした。

店舗・商品紹介

■ 店舗名:たくみにしかわ
https://rusk.jp

■ 商品名:極みゆたか 食パン 900円(税別)
https://rusk.jp/?mode=cate&cbid=2514497&csid=0

PANPAKからのお知らせ
≫PANPAKオリジナルTシャツつくりました≪
≫Instagramでは、コンビニパン図鑑、アレンジパン図鑑連載中≪
≫Twitterでも日々パン情報発信中≪
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事