PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

月額3,000円で毎日パンをお持ち帰り!パンのサブスクがニシカワパン加古川駅店で4月よりスタート

InstagramでもPANPAKをどうぞ【PR】

ニシカワ食品株式会社(兵庫県加古川市 代表取締役/西川 隆雄)は、2019年4月1日(月)から直営店舗であるニシカワパン加古川駅店にて、国内初(当社調べ)となる、サブスクリプション形式でのパンの販売を開始。

焼きたてのパンが毎日楽しめる、ベーカリーならではの新しいパンの楽しみ方を提案します。(本日より販売開始。4月1日より利用可能です)

新サービス「ニシカワパン PASSPORT」について

今回、直営店である「ニシカワパン 加古川駅店(兵庫県・加古川市)」において、「毎日、焼きたてのおいしいパンを食べてほしい」との思いから、月額定額のサブスクリプション形式による月額3,000円(税別)で毎日対象のパンを1個お持ち帰りできる新サービス「ニシカワパン PASSPORT」をスタートいたします。
この「ニシカワパン PASSPORT」は、食事パン「食パン」「バゲット」(200円~280円の価格帯)を対象に、毎日お店に立ち寄って焼きたてのパンをお持ち帰りいただけるサービスです。

今回は、誰でもサブスクが持てるサブスクプラットフォーム「FANCLOVE(ファンクラブ)」を活用し、店頭でのスタンプカード形式とWebのシステムを使ったオンライン入会及びチケット発行形式を展開。お客様の利用方法にあわせてお選びいただけます。

FANCLOVE内 ニシカワパン加古川駅店専用ページ: https://fanclove.jp/club/nishikawa

本サービスは、2019年4月スタート時では試験展開とし、販売動向や顧客ニーズを収集しながら、段階的に正式サービスに移行していくことを予定しています。

対象商品について

2019年4月時点の対象となるパンはこちら。店頭の状況により、対象のパンはこの他にも追加する可能性がございます。
・ボンジュール食パン(2山) 280円(税別)
・あん食パン(1/2) 200円(税別)
・パリジェンヌ(1本) 230円(税別)

ご利用の流れ

ご利用の流れは以下のとおりです。

≪店頭でスタンプカードを購入する場合≫
①事前に、店頭で「ニシカワパン PASSPORT」を購入
②対象のパンを手に取ってレジで「ニシカワパン PASSPORT」を提示
③店員が「ニシカワパン PASSPORT」にスタンプ
④パンを持ち帰り

≪ネットで申し込む場合≫
①事前に、FANCLOVE(https://fanclove.jp)の専用ページで申し込み
https://fanclove.jp/club/nishikawa

②対象のパンを手に取ってレジでFANCLOVEのチケット画面を提示
③店員が画面上で本日分が終了する旨の操作
④パンを持ち帰り

今後のサブスクリプションにおける想いについて

これまでのベーカリー事業は、商品である「パン」を焼き、売り場に並べて、お客様に選んでいただくという事業でした。今後、サブスクリプション形式の販売方法が普及し、「ニシカワパン PASSPORT」を使っていただくお客様が増えると、単に商品を並べるのではなく、ご利用いただくお客様の期待に応えるパンづくりをいかに行うか、というサービス業としての意味合いが強くなると考えています。

これは、日々技術を磨いてきたパン職人である私たちには、腕の見せ所であり、嬉しい未来が待っていると考えております。

今回の「ニシカワパン PASSPORT」は、国内初の事例(当社調べ)ということで、国内にある他のベーカリーの方々にも参考にしていただけるような取り組みにしてまいりたいと思います。

今後とも、ニシカワ食品にご期待ください。

PANPAKからのお知らせ
≫PANPAK読者限定「たくみにしかわ」 バターラスク」送料込み1,000円お試しプラン≪
≫パン事業者の皆様の情報発信を支援する「パンの広報室」始めました≪
≫Instagramでは、コンビニパン図鑑、アレンジパン図鑑連載中≪
≫Twitterでも日々パン情報発信中≪
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事