PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

【ご挨拶】はじめまして。「ニシカワ食品広報室」です。

InstagramでもPANPAKをどうぞ【PR】

始めまして。「ニシカワ食品広報室」です。
私たちニシカワ食品は、兵庫県加古川市を拠点に創業70年となる食品会社です。

これから、PANPAKさんのメディアをお借りして、パン好きの皆さんに私たちのパンに関する活動や考え方をお伝えしていければと思っています。

初投稿となる今回は、「ニシカワ食品」って何?という方もたくさんいらっしゃると思いますので、私たちニシカワ食品について、自己紹介させていただきます。

実は、皆さんの身近にいるパン屋です。

このパンのパッケージ、コンビニやスーパーで見かけたことはありませんか?
「ご当地パン」ブームもあり、全国のパンイベントで皆さんにお会いする機会も増えました。
また、実は、東京でも様々な形態のベーカリーを出店しています。それらの話はこれから少しずつお伝えしていきたいと思います。

昭和22年、兵庫県・加古川に誕生。

ニシカワ食品の始まりは、昭和22年(1947年)に兵庫県・加古川駅前に誕生した小さな製パン店。

その頃の日本は戦後、復興への道のりを歩み始めたばかりで、人々の暮らしは極度の食糧難と物不足、資源不足に直面していました。食べる物が本当になかったそうで、芋のつるや雑草など、おおよそ美味しいとは思えない物を食料としていかなければならない時代でした。

食べられる物ならなんでも売れる、美味しさや質はあまり問われない、お腹が膨れればそれでいい時代。そんな状況の中、ニシカワパンが目指したのは「小さくても美味しいパン」でした。物も資源も枯渇して、電気も供給制限があるような日々に、その時に手に入る最高の原料を使って毎日パンを焼きました。

目指すは、小さくても美味しいパンを作ること。

創業の志は「小さくても美味しいパンを作ること」。

誰しもがとにかくお腹が減っている時代でしたが、商品としての食べ物は、大きさよりも「美味しくなければならない」という強い想いがありました。

美味しいパンをつくること。それは、素材にこだわり、材料を広く集めて吟味厳選すること。技術にこだわり、技を学び鍛えて創意工夫を忘れずに、試行錯誤を繰り返して、その先にある、もっと「美味しいパン」を目指して日々を繰り返すこと。

その想いは「食品を原材料から作りたい」という願いとなり、現在は北海道美瑛町に、22万坪の農場でジャージー牛を放牧する「美瑛放牧酪農場」作りました。ストレスの少ない環境で育った牛から自家製の牛乳やバターなどの酪農製品を製造する他、自社農場にて小麦も生産してまいりました。

創業から70余年。そうして私たちは、今日も、パンと一緒に美味しい夢を膨らませています。

これからよろしくお願いいたします。

加古川駅前の小さな店舗から歩みを始めたニシカワパンは、現在、パン工場と直営ベーカリーを展開。コンビニやスーパで食べられる袋パンや地域の学校給食、焼き立てをお届けするベーカリーなど、それぞれのチャンネルで美味しさを追求しています。

「美味しく・楽しく・安全に」日々取り組む「食」づくり。こちらでは、私たちの想いを具体化するチャレンジもいろいろとご紹介させていただけたらと思っています。どうぞこれからよろしくお願いいたします。

PANPAKからのお知らせ
≫PANPAK読者限定「たくみにしかわ」 バターラスク」送料込み1,000円お試しプラン≪
≫パン事業者の皆様の情報発信を支援する「パンの広報室」始めました≪
≫Instagramでは、コンビニパン図鑑、アレンジパン図鑑連載中≪
≫Twitterでも日々パン情報発信中≪
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事