PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

ブリオッシュが新感覚スイーツに!「あったかとろ〜り羽根付きジェラートサンド」新発売

DATE
2019.1.10


ジェラートをブリオッシュパンに挟むジェラートサンドは、年々日本でも浸透していています。
今回、東京・幡ヶ谷の独創的なアルチザン・ジェラート専門店、Abbot Kinney(アボット・キニ―)から、さらに新しい感覚が楽しめる「あったかとろ〜り羽根付きジェラートサンド」が1月11日(金)に発売されます。

ブリオッシュが新感覚スイーツに


ジェラートサンドは、常温のブリオッシュにジェラートを挟むのが普通ですが、今回新発売の「あったかとろ〜り羽根付きジェラートサンド」は、ブリオッシュを熱々のプレス機で一気に焼き上げ、外は「ホカホカ、サクサク!」中は「ひんやりとろ~り」を実現したんだとか。これだけの対照的な要素を一品で体験できるなんて、どんな味に仕上がっているんでしょうか!?


また、使用しているブリオッシュは、新宿の「MORETHAN BAKERY」で作った特注品だとか。バターの香りたっぷりのブリオッシュパンに好きなフレーバーのジェラートをサンド。イメージしただけでもおいしそうです。

気になる価格は650円。近くの方は、この冬に試してみては?

商品詳細情報

■ 商品名:あったかとろ〜り羽根付きジェラートサンド
■ 価格:650円
■ 発売日:2019年1月11日(金)

Abbot Kinney(アボット・キニー)について


アルチザン・ジェラート専門店、Abbot Kinneyのコンセプトの由来は南カリフォルニアのベニスビーチ近郊のAbbot Kinney Boulevard(アボット・キニ―通り)。そこのアルチザンなこだわりと南カリフォルニアの自由な精神を、ジェラートを通して表現する、伝統的なスモールバッチ製法に忠実でありつつ、既成概念に囚われない発想でジェラートの新たな領域を開拓することにこだわっている、“攻めた”ジェラート専門店です。

■ 店舗名:Abbot Kinney Artisan Gelato幡ヶ谷店
■ 住所:東京都渋谷区幡ヶ谷2-5-3
■ TEL:03-6276-6750
■ OPEN:12:00~22:00
■ WEBサイトはこちら

PANPAKからのお知らせ
≫パン事業者の皆様の情報発信を支援する「パンの広報室」始めました≪
≫Instagramでは、コンビニパン図鑑、アレンジパン図鑑連載中≪
≫Twitterでも日々パン情報発信中≪
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事