PANPAK(パンパク)はおいしいパンに出会える
Webマガジン

こだわりと愛情がギュッ! こうめや「桑の実天然酵母&国産小麦!お試しセット」【お取り寄せ】

InstagramでもPANPAKをどうぞ【PR】

こんにちは。
花嫁修業中のフリーライター、エンドウアヤです。
おみそ汁の味が決まりません!お義母さま!

夏といったら、海にキャンプにBBQ!

みなさんの予定は、何か決まりましたか?
わたしは夏山登山のために靴を一足新調しました。

アウトドアが真っ先に思い浮かぶ夏ですが、中にはインドアな方もいらっしゃるはず。
だけど、何かいつもと違うことをしてみたいな~とは思っていたりして?

そんなあなたはパンのお取り寄せで、いつもと違うパンを味わってみてはどうでしょう。

今回ご紹介するのは、兵庫県にある手づくりパン工房こうめやの「桑の実天然酵母&国産小麦!お試しセット」です。

食の安全へのこだわりが生んだ日本のパン

こちらのパン、Yahoo!ショッピングの「パン詰め合わせ」カテゴリで売れ筋ランキング1位に輝いたセットです。
1位と聞くと、お試ししてみたくなっちゃいますよね。

こだわりは、国産小麦100%のパン。

100%にこだわらず、少しだけでも外国産を使ってもいいんじゃないかな?と思ってしまいます。
でもそこには、こだわるだけの理由が2つありました。

それは、日本の農業への貢献と、ポストハーベストを避けるため

外国産の農産物には、輸送中に傷んでしまわないようにポストハーベスト農薬を使用しています。
そしてそれは、小麦からは必ず検出されるそう…

農薬を使ってまでして輸入する外国の小麦ではなく、より安全な国産のものを使おう、そして日本の農家も応援しようという気持ちからです。

そのこだわりっぷりは、米粉パンに使うグルテンの原材料に外国産小麦が使われているというだけで、米粉パンを焼くことに府が落ちないほど!
これは徹底しています。

自然の味がする、天然酵母パン

自然の味がする、天然酵母パン

そんなこだわるお店のご自慢のパンは、桑の実を使った自家製天然酵母のパンだそうです。

パンを膨らませているのは酵母菌の働きですが、天然酵母は果実などに付着している酵母菌を培養したものです。
イースト菌のように純粋培養ではないので乳酸菌なども含まれていて、その差が独特の風味や味わいを生み出すのだそう!

そしてこの天然酵母を培養するのに使っているのが桑の実

こうめやは兵庫県養父市にあるのですが、そこはかつて養蚕で西日本の中心地だったそうです。
カイコのエサは桑の葉なので、今もそこにある桑の木から実を摘み取っているのでしょうか。

これはもしかしたら兵庫を、いや西日本を代表できる自然派パンかもしれません・・・。

さっそく注文です。

こうめやのパン。到着後はすぐに食べるか冷凍を!

店長のあたたかい笑顔がお出迎え

店長のあたたかい笑顔がお出迎え

ホームページの「商品一覧」ページを開くと、目的の「お試しセット」は一番最初にありました。

Yahoo!ショッピングのページに移って、いざ購入。
Yahoo! JAPAN IDをお持ちでない方でも、購入は可能です。

夜に注文して、2日後に到着しました。
夏場は冷蔵便で届けられるので、少しひんやりしています。

セット内容は、
・天然酵母小型パン(ミックス、くるみ、レーズン、ごま、プレーン、各1個)
・天然酵母全粒粉パンハーフ(くるみ&チーズ)
・ハイジのミニパン(5個)
・マフィンお任せ(2個)

パンだけでなく、マフィン2個の焼き菓子付きです。
それだけで既にポイントが高いのはわたしだけ・・・?

パンと一緒に1枚、紙が入っています。

ふむふむ。
保存料などの添加物は使っていないから、すぐに食べるか冷凍保存、と。。。

そういえば注文ページにも、賞味期限は製造から2~3日とありました。
夜に注文をしたので、焼いてからは1日経ったくらいだと思いますが、どうせなら凍らせる前にいただきたいです。

さっそく食べてみましょう。

食べてみよう、国産小麦のこだわりパン

【天然酵母小型パン 5種】

左からプレーン、くるみ、レーズン、ごま、ミックスです。
卵と牛乳は不使用なので、アレルギー持ちのお子さんでも食べられますね。

まずプレーンから。

持ってみると、小さい割に存在感のある重みです。

口に含めば、弾力のあるしっかりとした歯ごたえ。これは顎の運動になりそうです。
じっくり噛んでいると、やさしい甘みが口の中に広がりました。
鼻に抜ける風味も普通のパンと違って深いものがあり、ほのかに酸味も感じられました。
これが天然酵母でしょうか。

味わい深いもちもちパンです。

そこにくるみなどが加わると、素材の甘み、風味、食感との相乗効果で、いつまでも味わっていたくなるパンになりました。

ミックスは、白ごま、くるみ、レーズンが入っていました。
思っていたよりくるみとレーズンは少なくて、「白ごまパンを食べていたら、くるみとレーズンがひょっこり顔を出した」といった感じです。

ですが、白ごまが持つふんわりとした香ばしさと甘みは黒ごまとはまた違い、これはこれでまた味わいたくなるパンでした。

【天然酵母全粒粉パンハーフ(くるみ&チーズ)】

こちらも卵と牛乳不使用。全粒粉は地元兵庫県産です。

全粒粉入りなので、さきほどの天然酵母小型パンたちよりもちもち食感が控えめになっていました。
小型パンでは顎の運動になりましたが、全粒粉ハーフパンは食べやすい弾力です。

かみしめて味わうこともなくなったからか、風味も小型パンよりどことなく素朴に感じられました。
パンだけでいえば、正直なところ味気ないくらいです。

ですが、ごろっと入っているくるみとチーズがそこにアクセントを作ってくれています。

パンそのものが素朴な分、より際立って感じられるチーズとくるみのうまみ。
はたして、全粒粉パンをおいしく食べるためのくるみ&チーズなのか、はたまたくるみ&チーズを楽しむための全粒粉パンなのか!

もうわかりません。
「おいしかった」の一言ですべて解決しそうです。

スライス済みなので、パン切りナイフがない方でもうれしいですね。

【ハイジのミニパン】

こちらも卵と牛乳不使用です。

想像していたよりも少し小さかったですね。
でも写真撮影をしながら、コロッとしたかわいらしい見た目に癒されてしまいます。

そして手に持って、そのやわらかさで二度癒されます。

あれ? ハイジがアニメのオープニングで寝そべっていた雲って、もしかしてこれだったのかしら?

食べてみると、ふわふわもちもちとしていて、それまでの天然酵母パンとはまた違いパンの甘みがすぐに感じられます。
ディナーにというよりは、朝食に向いていそうです。
そしてバターやマーガリンもいいですが、ジャムやクリーム系と一緒にといったところでしょうか。

小さなお子さんにも持たせられる大きさなので、そのままおやつにも良さそうですね。

【マフィン】

それでは最後にマフィンを。
こちらは国産小麦ではないみたいですね。

プレーン、チョコチップ、抹茶、紅茶、チョコの5種類からお店のお任せで届けられ、今回わたしの元にやって来たのはプレーンとチョコチップの2種類でした。

プレーンからいただきます。

手に取ってみるとこちらのマフィン、軽いです。
主張ひかえめな存在感は不思議と、手のひらの上でマフィンがモジモジしてるようにも見えてきます。

そして実際に食べてみておどろきました。

ふんわりとやさしい口当たりは、まるでシフォンケーキみたいです!
軽いわけですね。
ここまでパンを食べてお腹いっぱいになっていたわたしでも、デザート感覚でパクパクいけちゃいました。

チョコチップの甘さとサクほろ食感が加われば、それこそ思わず悶絶するおいしさ。
素朴なパンの試食をずっとしてきたので、味覚が刺激を求めていたのでしょうか・・・。

牛乳との相性が、これまた言うことなしでした。

詰め込まれていたのは、愛情とこだわりの塊でした。

天然酵母パン、天然酵母全粒粉パン、ハイジのミニパン、マフィンの4種類をご紹介しました。

お店ご自慢の天然酵母パンは、確かな歯ごたえと深い味わいがあるものでした。
こだわりはもちろんのこと、笑顔が素敵な店長の愛情も感じられるようで、じっくりと味わいたくなるパンでした。

お試しセットでは小型パンでしたが、食パンサイズもあるので、サンドイッチにしたらランチにも大活躍しそうですね♪

食の安全が叫ばれている今、食に意識を向ける人が多くなってきました。

そんな人たちが安全安心なパンをネット上に探し求めた結果、こだわりが詰まったこうめやのパンが選ばれて、人気なったのかもしれませんね。

天然酵母パンだけでなく、馴染みのある白いパンや焼き菓子も入っている、こうめやの「桑の実天然酵母&国産小麦!お試しセット」。

届いたのは、兵庫と日本が育てて、店長の愛情とこだわりが込められた、自然の味がするパンでした。

手づくりパン工房 こうめや
http://koumeya.com/index.html
〒667-0142 兵庫県養父市建屋488
079-666-0085
info@koumeya.com
8:00~18:00
月曜日
自家製天然酵母パン、自家製天然酵母全粒粉パンハーフ、ハイジのミニパン
店頭では予約販売のみ。お取り寄せのほか、「道の駅但馬のまほろば」、「道の駅ようか但馬蔵」などで購入可能です。

この記事を書いた人

エンドウアヤ
福島県、山育ち地方都市在住。花嫁修業中のフリーライター。好きなパンはレーズン、くるみ。最近は福島の地元パン「クリームボックス」に注目!

PANPAKからのお知らせ
≫パン事業者の皆様の情報発信を支援する「パンの広報室」始めました≪
≫Instagramでは、コンビニパン図鑑、アレンジパン図鑑連載中≪
≫Twitterでも日々パン情報発信中≪
         

この記事が気に入ったら
いいねをしよう!

人気記事